女性活躍推進法

女性活躍推進法に基づく行動計画

近鉄グループ主要会社における女性活躍推進法に基づく行動計画の概要は、以下のとおりです。
計画の内容は、各社ホームページおよび「厚生労働省委託事業 女性の活躍・両立支援総合サイト データベース」でもご覧いただけます。

(各社のマークをクリックすると、行動計画がご覧いただけます。)

2016年度~2020年度計画
 
近畿日本鉄道
近鉄不動産
近鉄・都ホテルズ
近鉄百貨店
近鉄リテーリング
2021年度~2025年度計画
近畿日本鉄道
近鉄不動産
近鉄・都ホテルズ
近鉄百貨店
近鉄リテーリング

女性活躍推進法に基づく行動計画(数値目標)2021年度~2025年度

女性活躍推進法に基づく行動計画(数値目標)2016年度~2020年度

※㈱近鉄・都ホテルズは、契約社員を含む

女性活躍推進法に基づく行動計画(取組み内容)

主要会社の女性管理職比率

※2016年度~2017年度は近畿日本ツーリスト㈱、近畿日本ツーリスト個人旅行㈱、クラブツーリズム㈱の合計

※会社再編に伴い、2018年度以降は㈱近畿日本ツーリストCB、㈱近畿日本ツーリスト首都圏、クラブツーリズム㈱の合計

女性が働きやすい職場づくりのための取組み

女性社員が働きやすい環境づくり( 奈良交通㈱ )

奈良交通㈱では、結婚等の理由で他県への転居があった場合も会社を退職せず、リモートワークで継続して仕事を続けられる環境づくりを行っています。どのような場所でも誰もが仕事を続けられる環境を整えることで介護や出産、子育てなど、社員のワークライフバランスの実現に取り組んでいきます。
また、平城営業所では女性専用休憩室、シャワールーム、仮眠室を設け、女性でもバスの運転者として、安心して働くことのできる環境を整えています。

女性活躍推進法に基づく認定制度「えるぼし」の取得( ㈱近鉄百貨店 )

㈱近鉄百貨店は、2019年3月、「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律(女性活躍推進法)」に基づく、女性活躍推進に関する取組み状況などが優良な企業に発行される、厚生労働大臣の認定マーク「えるぼし」を取得しました。「採用」、「継続就業」、「労働時間等の働き方」、「管理職比率」、「多様なキャリアコース」の5つの評価項目があり、全ての項目において基準を満たし、最上位評価である「3つ星」を取得しました。

えるぼし認定マークえるぼし認定マーク

大阪市女性活躍リーディングカンパニーの認証( 近畿日本鉄道㈱、近鉄不動産㈱、㈱近鉄・都ホテルズ )

近鉄不動産㈱と㈱近鉄・都ホテルズは2017年3月、近畿日本鉄道㈱は2018年12月に「大阪市女性活躍リーディングカンパニー(2つ星)」認証を受けました。認証には1つ星と2つ星があり、2つ星がより優良です。

※「大阪市女性活躍リーディングカンパニー」認証とは大阪市が、女性にとって働きやすい職場環境の整備に積極的に取り組む企業等を、市が一定の基準に則り認証する事業です。

ロゴマークロゴマーク

MSCI日本株女性活躍指数に選定されました

2018年6月、米国の金融情報リサーチ会社であるMSCI社が、日本国内の時価総額上位500社の中から、女性活躍の評価が高い会社を選定した、「MSCI日本株女性活躍指数」に、当社が新たに選定されました。
日本の年金積立金を管理・運用する「GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)」は、この指数を利用して約1兆2,362億円のESG投資を行うと発表しており(2021年3月現在)、この指数を含む4つの指数を利用して、約6兆円規模の国内株式へのESG投資を行っています。当社が指数に選定されている間は、GPIFが当社の株式を購入し保有することになります。評価は毎年見直されますが、現在の評価を維持・向上できるように、女性活躍推進の取組みと情報開示を進めます。なお、2021年7月現在、GPIFが利用する4つの指数のうち、本指数と「MSCIジャパンESGセレクト・リーダーズ指数」「S&P/JPXカーボン・エフィシェント指数」の3つに、当社が選定されています。

ロゴマークロゴマーク

※近鉄近鉄グループホールディングス株式会社のMSCI指数への組み入れ、および本ページにおけるMSCIのロゴ、商標、サービスマーク、指数名称の使用は、MSCIまたはその関係会社による近鉄グループホールディングス株式会社の後援、推薦あるいはプロモーションではありません。MSCI指数はMSCIの独占的財産です。MSCIおよびその指数の名称とロゴは、MSCIまたはその関係会社の商標もしくはサービスマークです

TOPに戻る