環境推進体制

近鉄グループホールディングス環境方針

(2015年4月1日 制定)

地球環境の保全は人類が共同して取り組むべき重要課題であるとの認識のもと、環境にやさしい企業運営を目指します。

  1. 1. 環境関連の法規・規制等を遵守し、環境保全に努めます。
  2. 2. 省エネルギー、省資源、リサイクル、廃棄物の削減等への取り組みを通じ、地球の温暖化防止、環境負荷軽減に努めます。
  3. 3. 環境教育を通じて、社員の意識向上を図ります。
  4. 4. 地域社会との関わりを大切にし、環境保全活動への取り組みを通じ広く社会に貢献します。
  5. 5. この環境方針は社員へ周知するとともに、一般に公表します。

近鉄グループ環境推進体制

近鉄グループ中期環境目標(2015年度〜2020年度)

近鉄グループ中期環境目標(2015年度〜2020年度)
1.近鉄グループは、2020年度における環境重点項目の実施率100%を目指します。
 (※環境重点項目=①環境目標の策定、②環境教育の実施、③エネルギー使用量等の実績把握)
2.近鉄グループは、2020年度における各社のエネルギー使用量等を2015年度に比べて5%以上削減します。
 (※エネルギー使用量等=①電気 ②水 ③紙 ④その他)
3.近鉄グループは、2020年度までに全社が自社の事業に関連する、環境に配慮した活動を行います。
  • ※目標1の「近鉄グループ」の範囲は、当社および連結子会社の58社(目標策定時)です。
  • ※目標2は、2016年度に追加した目標で、「④その他」は、軽油・ガソリン・燃費等、自社の事業に関連するものです。
  • ※目標3の「近鉄グループ」の範囲は、当社および連結子会社のうち、純粋持株会社を除く51社です。
  • ※期間中に連結子会社が増加した場合は、対象会社数の範囲には含めないものとします。

近鉄グループ中期環境目標 達成状況

近鉄グループ中期環境目標 2015年度
実績
2016年度
実績
2017年度
実績
2018年度
(目標)
2020年度
(目標)
1.近鉄グループは、2020年度における環境重点項目の実施率100%を目指します。          
①環境目標の策定 34社 58社 58社 58社 (58社)
②環境教育の実施 29社 40社 45社 50社 (58社)
③エネルギー使用量等の実績把握 35社 50社 54社 56社 (58社)
2.近鉄グループは、2020年度における各社のエネルギー使用量等を2015年度に比べて5%以上削減します。(※エネルギー使用量等=①電気 ②水 ③紙 ④その他) 基準年 -1%達成
27社
-2%達成
28社
-3% -5%
(58社)
3.近鉄グループは、2020年度までに全社が自社の事業に関連する、環境に配慮した活動を行います。 22社 34社 37社 40社 (51社)

2018年度 近鉄グループ環境目標

2018年度 近鉄グループ環境目標
1-①.環境目標を58社で策定します。
1-②.環境教育を50社以上で実施します。
1-③.エネルギー使用量等を56社以上で把握します。
2.各社のエネルギー使用量等を、2015年度に比べて3%以上削減します。
(※エネルギー使用量等=①電気②水③紙④その他)
3.自社の事業に関連する、環境に配慮した活動を40社以上で実施します。

2017年度 近鉄グループ環境目標と実績

2017年度 近鉄グループ環境目標 2017年度
実績
評価
1-①.環境目標を58社で策定します。 58社 達成
1-②.環境教育を45社以上で実施します。 47社 達成
1-③.エネルギー使用量等を55社以上で把握します。 54社 未達成
2.エネルギー使用量等を2015年度に比べて2%削減します。
(※エネルギー使用量等=①電気②水③紙④その他)
28社が
2%削減達成
3.自社の事業に関連する、環境に配慮した活動を、40社以上で実施します。 37社 未達成
  • ※目標1~2の「近鉄グループ」の範囲は、当社および連結子会社の58社です。
  • ※目標2は、①~④のいずれかのうち、各社が定めた削減目標の実績で判断します。
  • ※目標3の「近鉄グループ」の範囲は、当社および連結子会社のうち、純粋持株会社を除く51社です。

2017年度 近鉄グループの環境負荷データ

エネルギー使用量およびCO2排出量

種別 当社および連結子会社
56社合計
当社およびグループ会社
87社合計
電力量 1,229,409 千kWh 1,302,833 千kWh
都市ガス 21,055 千m³ 22,704 千m³
プロパンガス 740 t 3,476 t
白灯油 350 kl 485 kl
重油 7,597 kl 9,738 kl
ガソリン 2,127 kl 2,502 kl
軽油 17,025 kl 18,612 kl
冷水 151,662 GJ 151,662 GJ
計(熱量) 14,473,851 GJ 15,580,566 GJ
計(CO2排出量) 739,196 t-CO2 798,703 t-CO2
  • ※CO2排出量は、関西電力の排出係数で算出しています。

資源投入量

種別 当社および連結子会社
39社合計
当社およびグループ会社
62社合計
OA用紙 15,536 万枚 25,420 万枚
4,403 千m³ 5,007 千m³
中水 195 千m³ 286 千m³
地下水 1,135 千m³ 1,180 千m³

廃棄物排出量

一般廃棄物

  当社および連結子会社
23社合計
当社およびグループ会社
38社合計
一般廃棄物 25,639 t 26,979 t

産業廃棄物

  当社および連結子会社
22社合計
当社およびグループ会社
32社合計
燃えがら 51 t 51 t
汚でい 2,430 t 2,465 t
廃油 299 t 317 t
廃酸 2 t 2 t
廃アルカリ 5 t 5 t
廃プラスチック 1,677 t 1,812 t
紙くず 197 t 197 t
木くず 3,306 t 4,794 t
繊維くず 16 t 16 t
植動物系不要物 24 t 24 t
ゴムくず 3 t 9 t
金属くず 11,569 t 12,426 t
ガラス及び陶器くず 758 t 882 t
建設廃材 41,405 t 41,405 t
その他 3,117 t 3,357 t
合計 64,859 t 67,763 t
  • ※グループ環境目標は連結子会社を対象としていますが、それ以外の会社も可能な範囲でデータを収集しています。

CO2のスコープ別排出量(2013年度~2017年度)

当社グループが排出するCO2には、スコープ1(燃料を使用して直接排出する量)、スコープ2(電力等のエネルギーを使用して間接的に排出する量)、スコープ3(サプライチェーンにおける間接排出量)の3種類があります。サプライチェーンとは、製造した商品が消費者に届くまでの一連の過程(開発・調達・製造・配送・販売)をいい、スコープ3の排出量を算定することで、企業活動全体での影響を把握することが可能になります。
2017年度のスコープ別排出量は、以下のとおりです。(主要会社の合計で算出しています。)

CO2スコープ別排出量

(単位:t-CO2
  2013年度 2014年度 2015年度 2016年度 2017年度
スコープ1 39,316 39,344 48,339 58,191 59,772
スコープ2 487,637 487,141 571,557 549,181 562,257
スコープ3 70,566 146,808 210,718 64,722 65,019
597,519 673,293 830,614 672,094 687,048

※2014年度以前は分社化前の近畿日本鉄道㈱、2015年度以降は近鉄グループ主要会社の合計です。

CO2のスコープ別排出量

TOPに戻る