環境推進体制と環境目標

近鉄グループホールディングス環境方針

(2015年4月1日 制定)

地球環境の保全は人類が共同して取り組むべき重要課題であるとの認識のもと、環境にやさしい企業運営を目指します。

  1. 1.環境関連の法規・規制等を遵守し、環境保全に努めます。
  2. 2.省エネルギー、省資源、リサイクル、廃棄物の削減等への取組みを通じ、地球の温暖化防止、環境負荷軽減に努めます。
  3. 3.環境教育を通じて、社員の意識向上を図ります。
  4. 4.地域社会との関わりを大切にし、環境保全活動への取組みを通じ広く社会に貢献します。
  5. 5.この環境方針は社員へ周知するとともに、一般に公表します。

近鉄グループ環境推進体制

近鉄グループ環境目標(2021年度〜2030年度)

近鉄グループ各社は、自社の環境目標を策定し、環境負荷データを把握・分析するとともに、社員への環境教育と啓発に取り組み、近鉄グループ環境目標の達成を目指します。

  1. 1.近鉄グループは、2030年度におけるエネルギー使用量(原油換算kl)を、2015年度に比べて20%以上削減することを目指します。
  2. 2.近鉄グループは、2030年度におけるCO2排出量(総量・原単位)を、2015年度に比べて40%以上削減することを目指します。さらに、2050年のCO2排出量の実質ゼロを目指します。
  3. 3.近鉄グループは、水使用量・廃棄物発生量の削減に努めます。
  4. 4.近鉄グループは、全社が自社の事業に関連する、環境に配慮した活動を行い、サプライチェーンに対しても配慮を求めます。
  • ※対象範囲
    1と2:省エネ法対象の特定事業者(12社)<12社で全体の95%を占める>
    3と4と前文:連結子会社と非連結子会社
  • ※1と2の対象の会社に増減があった場合は、その際に基準値を見直しする。

エネルギー使用量実績と今後の目標

エネルギー使用量(原油換算)

エネルギー使用量(原油換算)

CO2排出量実績と今後の目標

CO2排出量

CO2排出量

近鉄グループ中期環境目標(2015年度〜2020年度)

近鉄グループ中期環境目標(2015年度〜2020年度)
  1. 1.近鉄グループは、2020年度における環境重点項目の実施率100%を目指します。
    (※環境重点項目=①環境目標の策定、②環境教育の実施、③エネルギー使用量等の実績把握)
  2. 2.近鉄グループは、2020年度における各社のエネルギー使用量等を2015年度に比べて5%以上削減します。
    (※エネルギー使用量等=①電気 ②水 ③紙 ④その他)
  3. 3.近鉄グループは、2020年度におけるCO2排出量(総量および原単位)を、2015年度に比べて5%削減を目指します。
  4. 4.近鉄グループは、2020年度までに全社が自社の事業に関連する、環境に配慮した活動を行います。
  • ※目標1の「近鉄グループ」の範囲は、当社および連結子会社の54社です。目標策定時の58社から減少しました。
  • ※目標2は、2016年度に追加した目標で、「④その他」は、軽油・ガソリン・燃費等、自社の事業に関連するものです。
  • ※目標3は2018年度に追加した目標で、エネルギー使用量が特に多い12社を対象とします。12社は省エネ法に基づき、経済産業省または国土交通省に定期報告書を毎年度提出しており、CO2排出量の合計は当社および連結子会社全体の95%以上を占めています。
  • ※目標4の「近鉄グループ」の範囲は、当社および連結子会社のうち、純粋持株会社を除く47社です。
  • ※期間中に連結子会社が減少した場合は対象から除外し、増加した場合は、対象会社数の範囲には含めないものとします。

近鉄グループ中期環境目標 達成状況

  2016年度
実績
2017年度
実績
2018年度
実績
2019年度
実績
2020年度
実績
2020年度
目標
1.近鉄グループは、2020年度における環境重点項目の実施率100%を目指します。            
①環境目標の策定 58社 58社 54社 54社 54社 (54社)
②環境教育の実施 40社 47社 52社 51社 48社 (54社)
③エネルギー使用量等の実績把握 50社 54社 54社 54社 54社 (54社)
2.近鉄グループは、2020年度における各社のエネルギー使用量等を2015年度に比べて5%以上削減します。(※エネルギー使用量等=①電気 ②水 ③紙 ④その他) -1%達成
27社
-2%達成
28社
-3%達成
36社
-4%達成
35社
-5%達成
40社
-5%
(54社)
3.近鉄グループは、2020年度におけるCO2排出量(総量および原単位)を2015年度に比べて5%削減を目指します。 総量
-3.1%
総量
-5.0%
総量
-16.6%
総量
-28.0%
総量
-37.1%
総量
-5%
4.近鉄グループは、2020年度までに全社が自社の事業に関連する、環境に配慮した活動を行います。 34社 37社 42社 45社 47社 (47社)

CO2の業種別排出量(総量と原単位)の推移(2015年度~2020年度)

近鉄グループ環境目標

「近鉄グループは、2020年度におけるCO2排出量(総量および原単位)を2015年度に比べて5%削減を目指します。」

  • エネルギー使用量が多い、省エネ法定期報告の対象となる特定輸送事業者および特定事業者を対象とします。
  • CO2排出量は、各社が国土交通省または経済産業省に報告した排出量を使用しています。
  • 鉄道=近畿日本鉄道㈱のみ。
    • バス等=奈良交通㈱、近鉄バス㈱、防長交通㈱、近鉄タクシー㈱の合計。
    • 施設=近鉄不動産㈱、㈱近鉄・都ホテルズ、㈱近鉄百貨店、㈱近商ストア、㈱近鉄リテーリング、㈱海遊館、㈱きんえい、奈良交通㈱の合計。
  • 対象となる12社のCO2排出量合計で、当社および連結子会社全体の95%以上を占めています。
  • 「原単位」とは、CO2排出量(総量)を、延床面積(m²)や車両走行距離(km)などで割った、「単位当たりの排出量」のことです。業種によって異なります。
  • 鉄道、バス等の原単位は、CO2排出量を車両走行距離(千km)で割っています。施設の原単位は、延床面積(m²)で割っています。

CO2のスコープ別排出量(2016年度~2020年度)

近鉄グループが排出するCO2には、スコープ1(燃料を使用して直接排出する量)、スコープ2(電力等のエネルギーを使用して間接的に排出する量)、スコープ3(サプライチェーンにおける間接排出量)の3種類があります。サプライチェーンとは、製造した商品が消費者に届くまでの一連の過程(開発・調達・製造・配送・販売)をいい、スコープ3の排出量を算定することで、企業活動全体での影響を把握することが可能になります。
2019年度のスコープ別排出量は、以下のとおりです。(主要会社の合計で算出しています。)

CO2スコープ別排出量

※近鉄グループ主要会社の合計です。

CO2のスコープ別排出量

2020年度 近鉄グループ環境目標と実績

2020年度近鉄グループ環境目標 2020年度
実績
評価
1-①.環境目標を54社で策定します。 54社 達成
1-②.環境教育を54社で実施します。 48社 未達成
1-③.エネルギー使用量等を54社で把握します。 54社 達成
2.エネルギー使用量等を2015年度に比べて4%削減します。
(※エネルギー使用量等=①電気②水③紙④その他)
40社が
5%
削減達成
達成
3.近鉄グループは、2020年度におけるCO2排出量(総量および原単位)を2015年度に比べて5%削減を目指します。 総量
-38.0%
達成
4.自社の事業に関連する、環境に配慮した活動を、45社以上で実施します。 47社 達成
  • ※目標1~2の「近鉄グループ」の範囲は、当社および連結子会社の54社です。
  • ※目標2は、①~④のいずれかのうち、各社が定めた削減目標の実績で判断します。
  • ※目標3の「近鉄グループ」の範囲は、当社および連結子会社のうち、純粋持株会社を除く47社です。

2020年度 近鉄グループの環境負荷データ

エネルギー使用量およびCO2排出量

※CO2排出量は、関西電力の排出係数で算出しています。

資源投入量

廃棄物排出量

一般廃棄物

産業廃棄物

  • ※グループ環境目標は連結子会社を対象としていますが、それ以外の会社も可能な範囲でデータを収集しています。

TOPに戻る