採用・人材育成

採用に関する方針

当社および近畿日本鉄道㈱では、採用にあたっては公正採用選考人権啓発推進員を選任し、差別のない公正な採用選考を行っています。採用においては人権を尊重し、地域、性別、年齢、性的指向、障害、国籍、人種、宗教といった差別はしていません。

主要会社の採用数

※登用者を含む

※㈱近畿日本ツーリストCB、㈱近畿日本ツーリスト首都圏、クラブツーリズム㈱の合計

人事制度

当社では、近鉄グループの昇進や賃金制度をはじめとする人事制度は、事業会社ごとに異なりますが、各社において昇進時に社内試験を課すなど公平な基準により評価し、社員の働きがいややる気を最大限に引き出せるよう、整備・運用を行っています。

タレントマネジメントシステムの導入

2017年8月、個人と組織のパフォーマンスを高めることを目的に、人事基本情報、職務履歴、自己申告、評価といった社員一人ひとりの情報を一元管理する、タレントマネジメントシステムを導入しました。今後、対象者を拡大し、情報の蓄積、分析を進めることで、経営環境に合わせた人事戦略の策定に役立てていきます。

近鉄おしごとステーション

2017年3月、近鉄沿線でお仕事を探されている方を中心に、駅ナカ・駅チカのコンビニ、カフェ、レストラン、スーパー、百貨店、ホテルなど、近鉄グループの多種多様なパート・アルバイト・契約社員などの求人情報の紹介、スマートフォンを活用し、応募受付をワンストップで行うことができる「近鉄おしごとステーション」をサービス開始しました。今後懸念される労働力不足へ対応するとともに、採用コスト削減を両立しています。開設当初の8社の参加から、2021年3月では35社に拡大しました。開設からの累計応募総数は約70,000件、採用者数は14,000名超になります(2021年3月現在)。

ポスターポスター

人材育成・教育

近鉄グループでは社員一人ひとりの能力の向上を目的に、各事業会社により計画的に研修を実施しています。また当社においては、将来の経営幹部育成を念頭に、総合力・人間力・実務力に重点を置き、新入社員から部長クラスまで、階層別研修を実施しています。また、通信教育に加えて、管理職昇格前の中堅リーダークラスを対象に、一人ひとりの課題に合わせて選択可能な外部機関による講座の受講機会を提供しています。

(2020年度の年間受講実績と研修時間)
当社:21講座・延べ約870人、近畿日本鉄道㈱:26講座・延べ約5,500人
当社:約28,200時間、近畿日本鉄道㈱:約16,900時間(現業部門での実施分を除く)

当社研修体系図(2020年度実績) は近鉄グループ合同研修

研修体系図研修体系図

職業能力の開発および向上に関する取組み

TOPに戻る