地域との共創

近鉄エリアキャンペーン( 近畿日本鉄道㈱ )

近畿日本鉄道㈱は、地元と連携して観光資源を面的に掘り起こす取組みの一環で、沿線の特定地域を集中的にプロモーションする「近鉄エリアキャンペーン」を実施しています。
2019年度は、百舌鳥(もず)・古市古墳群が世界遺産に登録されたことを記念して、「こふんまち 羽曳野・藤井寺」と題し、羽曳野市・藤井寺市を舞台に様々なイベントを展開しました。その一環として、2019年7月より、車両の内外にハニワなどの装飾を施した「こふん列車」(3両1編成)を運行し、話題を集めています。

こふん列車(外観)こふん列車(外観)
こふん列車(内装)こふん列車(内装)

地域ブランディングによる活性化( 近畿日本鉄道㈱ )

近畿日本鉄道㈱では、生駒山エリアのにぎわい創出のため、レトロをテーマにした地域ブランディングによる活性化に取り組んでいます。生駒山エリアのレトロな魅力を紹介するWebページ「生駒レトロ」およびInstagram公式アカウントを開設し、情報発信に取り組んでいます。また、「生駒レトロ フォトコンテスト」を2021年8月から10月まで開催しました。今後も、生駒市・生駒市観光協会の協力をいただきながら、地域の活性化に取り組んでいきます。

Webページ「生駒レトロ」Webページ「生駒レトロ」
生駒レトロ フォトコンテスト生駒レトロ フォトコンテスト

Webページ「住むまち近鉄story」の開設( 近畿日本鉄道㈱ )

近畿日本鉄道㈱は、皆様に親しまれ、愛される沿線を目指し、沿線の魅力向上に取り組んでいます。それらの取り組みをより多くの方に知っていただき、沿線の魅力を感じていただくため、2021年9月に、Webページ「住むまち近鉄story」を開設し、情報発信を行っています。第一弾として、自治体と協力して行う沿線地域のブランディングやロボットプログラミング教室の開校、駅の美装化プロジェクトについて紹介しています。

Webページ「住むまち近鉄story」Webページ「住むまち近鉄story」

きんてつ鉄道まつり( 近畿日本鉄道㈱ )

近畿日本鉄道㈱は、日頃ご利用のお客さまへの謝恩のため、2019年10月19、20日に五位堂検修車庫(奈良県香芝市)と高安車庫(大阪府八尾市)で、11月2日、3日に塩浜検修車庫(三重県四日市市)で、「きんてつ鉄道まつり2019」を開催しました。近畿日本鉄道㈱の魅力がより多くの方に伝わるように、地域社会とのコミュニケーションに努めています。2020年は、10月24日から12月13日にオンラインで開催しました。

クレーンの実演(五位堂検修車庫)きんてつ鉄道まつり クレーンの実演(五位堂検修車庫)

Welcomingアベノ・天王寺キャンペーン( 近鉄不動産㈱ )

近鉄不動産㈱は、アベノ・天王寺エリアにおいて、東急不動産、JR西日本、そして地域の皆様とともに「Welcomingアベノ・天王寺キャンペーン」を展開しています。同キャンペーンでは、アベノ・天王寺エリアの「文化歴史」「暮らし」「緑の環境」という3つの価値を再発見するとともに、その魅力を発信することで、エリアのイメージ向上、活性化を目指しています。

アカペラフェスティバル2015アカペラフェスティバル2015
イベント開催時の様子イベント開催時の様子

「ハルカス300(展望台)」と「てんしば」における
百舌鳥・古市古墳群 世界文化遺産登録記念イベント
( 近鉄不動産㈱ )

近鉄不動産㈱は、2019年7月にあべのハルカスの展望台「ハルカス300」と天王寺公園エントランスエリア「てんしば」において、百舌鳥・古市古墳群が世界遺産に登録されたことを記念し、大阪府後援のもと記念イベント「ハルカス300・てんしば 天空古墳さんぽ~見て、着て、味わう古墳の世界~」を実施しました。ハルカス300では、展望台から古墳群を眺めていただくことをはじめ、解説パネルの設置や、ハルカス内にキャンパスを構える阪南大学の教授による解説ガイド、古墳関連のキャラクターの登場や、古代衣装の体験、古墳をかたどったメニューの販売を実施しました。また、「てんしば」においても、同じく衣装体験のほか、古墳グッズの販売などを実施し、様々な方法で古墳の世界の魅力を皆様にお楽しみいただきました。

「ハルカス300(展望台)」から見た古市古墳群「ハルカス300(展望台)」から見た古市古墳群
「ハルカス300(展望台)」から見た百舌鳥古墳群「ハルカス300(展望台)」から見た百舌鳥古墳群

天王寺公園エントランスエリア「てんしば」( 近鉄不動産㈱ )

近鉄不動産㈱が、大阪市との協定により運営管理を行っている、天王寺公園エントランスエリア「てんしば」は、2015年10月にリニューアルオープン後、2018年3月までに、約1,000万人のお客さまに来園いただきました。約7,000m2の芝生広場と、魅力ある商業施設が好評で、地域の皆様に愛される公園となっています。

芝生広場芝生広場
てんしば(昼)てんしば(昼)
てんしば(夜)てんしば(夜)

・外国人向けゲストハウスと国際観光案内所等を開設

2016年11月に、インバウンド向け観光拠点として、国際観光案内所、バス待合所およびゲストハウス「近鉄フレンドリーホステル 大阪天王寺公園」を擁した複合棟を開設しました。複合棟の運営スタッフの一部は、近鉄沿線の大学において観光や語学を学ぶ学生をインターンシッププログラムの一環として採用しており、ゲストとの交流や観光案内を通じて、グローバルコミュニケーションを磨く場を提供しています。

近鉄フレンドリーホステル 大阪天王寺公園近鉄フレンドリーホステル 大阪天王寺公園

・グッドデザイン賞 金賞(経済産業大臣賞)を受賞

財団法人日本デザイン振興会主催の「2016年度グッドデザイン賞」のベスト100に初めて選出され、 さらに「グッドデザイン金賞(経済産業大臣賞)」も受賞しました。金賞受賞は近鉄不動産㈱として初となります。2016年度は、さまざまな業界から4,085件の製品・サービスが審査され、1,229件が「グッドデザイン賞」に選定されました。グッドデザイン「金賞」はグッドデザイン賞のうち、総合的に高い評価を獲得した「グッドデザイン・ベスト100」の中から先進性と社会性を兼ね備えた、現在における極めて優れたデザインに贈られる賞で、「てんしば」においては、そのデザインはもちろん、官民連携のプロジェクトであることが高く評価されました。

グッドデザイン賞ロゴマークロゴマーク

天王寺動物園にアミメキリン「ハルカス」ちゃんを寄贈( 近鉄不動産㈱ )

天王寺動物園(大阪市)は、オスのアミメキリンを1頭飼育していますが、パートナーを迎えるために、2014年5月、近畿日本鉄道㈱(現・近鉄不動産㈱)がスポンサーとしてアミメキリン(メス・1才)を寄贈しました。日本一高いビルから、地球上で一番背の高い動物がプレゼントされることにちなんで、キリンの名前は、「ハルカス」ちゃんと命名しました。

キリン「ハルカス」ちゃんキリン「ハルカス」ちゃん

あべのハルカス近鉄本店「縁活(えんかつ)」( ㈱近鉄百貨店 )

㈱近鉄百貨店あべのハルカス近鉄本店で、市民活動団体・ボランティア・地域の方々と一緒に取組む、楽しくて・社会をちょっと良くする活動「縁活」では、年間約600回以上開催される無料相談会や発表会等の各種イベントを通じて、お客さま同士・お客さまと百貨店とのつながりが広がっています。また、地域社会の一員として「どっぷり、昭和町。」等へのイベント参加、ボランティアによる地域情報の発信等により、地域社会との新しい繋がりも生まれています。

縁活(えんかつ)縁活(えんかつ)

新たな体験型イベントを提供するスペース「A␣(ええスペース)」( ㈱近鉄百貨店 )

あべのハルカス近鉄本店では、「ここに立ち寄ってよかった」と思える新たな体験を提供するスペース「A␣」を立ち上げ、第1弾として“いちご摘み”体験ができる「いちごの庭プロジェクト」を全国百貨店で初開催しました。
コロナ禍で外出自粛が求められる中、事前予約による人数制限などで極力密を回避しながら特別な体験ができるプログラムをご用意し、今後もご来店いただいたお客様へ、思い出に残るような体験ができるスペースを設け、特別な時間を提案しました。

いちごの庭プロジェクトいちごの庭プロジェクト
「A␣」「A␣」

地域コミュニティアプリ「ピアッザ」( ㈱近鉄百貨店、近鉄不動産㈱ )

㈱近鉄百貨店、近鉄不動産㈱は、2020年10月より、PIAZZA㈱とwithコロナ/afterコロナ時代を見据えた街づくりを目指し、互いに連携を開始しました。地域SNS「ピアッザ」を活用しエリア内のコミュニケーションをさらに活性化し、施設、企業、自治体と連携しながらデジタルとリアルが融合した時代に即した新しいコミュニティの創造を目指します。
また、㈱近鉄百貨店と近鉄不動産㈱は、2019年12月からあべの・天王寺エリアにおいて「ええやん まちフェス」を開催するなど、同エリアの活性化とブランディングに取り組んでいます。

ええやんまちフェスええやんまちフェス
地域コミュニティアプリ「ピアッザ」地域コミュニティアプリ「ピアッザ」

東北六県味と技めぐり( ㈱近鉄百貨店 )

あべのハルカス近鉄本店では、東日本大震災から10年という節目を迎える東北地方の魅力を関西に届け、また東北地方へのエールを届ける催事「東北六県味と技めぐり」を開催しました。
「つながる朝市」では、地元の学生や漁師、復興支援会社の3つの団体と会場をオンラインでつなぎ、商品の説明や震災から10年の今の話などをお客さまにお伝えしました。
お客様とともに届けるチャリティ企画「東北と家族になりませんか?」では、会場内に設置した“家族食堂”にて購入いただいたメニューを岩手県、宮城県、福島県内のこども食堂にお届けしました。

チャリティ企画「東北と家族になりませんか?」チャリティ企画「東北と家族になりませんか?」
チャリティ企画「東北と家族になりませんか?」チャリティ企画「東北と家族になりませんか?」

四日市まちゼミサテライトの開催( ㈱近鉄百貨店 )

㈱近鉄百貨店四日市店は、2019年5月~6月に、四日市商工会議所と協力し、市内コミュニティ機能の強化と地元商店の活性化に向けた取組みを推進するため、「四日市まちゼミサテライト」を開催しました。四日市商工会議所の会員事業者が「健康・きれい」、「つくる」、「まなぶ」をテーマに、ワークショップや体験会、セミナーなど17事業者による18講座を開講しました。地域のお店のスタッフが講師となり、プロならではの専門的な知識と情報、コツをお伝えする少人数制のゼミを通じて、地元のお客さまとお店がつながることができました。

まちゼミサテライトの様子まちゼミサテライトの様子

地域産品「irodori kintetsu」の発売( ㈱近鉄リテーリング )

㈱近鉄リテーリングでは、近鉄沿線の生産者・加工者などと連携して地域の特色を備えた独創的な地域商品ブランド「irodori kintetsu」を展開しています。その新商品として、2021年4月、奈良県明日香村で栽培された苺「あすかルビー」を使用したジェラートを、「農事組合法人ふるさと明日香」とのコラボ商品として発売しました。また、2021年5月、各地域生産者・加工者との連携により、三重五ヶ所(みかん)、京都水尾(ゆず)、大阪河内(ぶどう)、奈良天川(ごろごろ水)を使用した和菓子「いろどりスティックゼリー」を発売しました。

あすかルビー苺ジェラートあすかルビー苺ジェラート
いろどりスティックゼリーいろどりスティックゼリー

子ども神輿(みこし)巡業に協力( ㈱近鉄・都ホテルズ )

㈱近鉄・都ホテルズ「シェラトン都ホテル東京」は、2019年9月、年に一度開催される「白金氷川神社例大祭」の子ども神輿巡業に今年も協力しました。ホテル敷地内を休憩所とし、多くの子どもたちにジュースとお菓子を提供しました。

神輿の様子神輿の様子

打ち水大作戦2019に参加( KNT-CTホールディングス㈱ )

KNT-CTホールディングス㈱は、2019年8月、加盟する「新宿CSRネットワーク」(新宿区内を中心にボランティア・社会貢献活動に取り組む企業の協働体)と、新宿区社会福祉協議会共催による「打ち水大作戦2019」に参加しました。毎年開催し、14回目となる行事で、打ち水を行う事で気温を下げ、地球温暖化防止活動の大切さを社員と共に理解し、合わせて他の企業と協力することで地域のネットワークを広げる活動となっています。

打ち水をする様子打ち水をする様子

女性向け恋愛ゲーム「イケメン戦国◆時をかける恋」と岐阜市・可児市・関ケ原町コラボ企画( ㈱近畿日本ツーリスト中部 )

㈱近畿日本ツーリスト中部は、2020年10月、国内旅行企画商品「メイト」にて、女性向け人気恋愛ゲーム「イケメン戦国◆時をかける恋」と岐阜市・可児市・関ケ原町とコラボ企画した商品「イケメン戦国武将と巡る岐阜の旅~第二幕~」をインターネット限定で販売しました。この企画は、テレビなどで話題の岐阜県を舞台に、宿泊、観光、街歩きなどさまざまなシーンでゲームとリアルの世界を行き来し、「イケメン戦国◆時をかける恋」に登場する織田信長や明智光秀などのイケメン戦国武将との温泉旅行を仮想体験していただける旅行企画です。

開催期間案内開催期間案内
キャラクター画像キャラクター画像

地域共創事業部の設立 ~地域交流、活性、開発、誘客ビジネスへの参入~( クラブツーリズム㈱ )

クラブツーリズム㈱は、2021年3月、地域共創事業部を設立しました。これからは同社の経営資源を活かし、地域の観光コンテンツの開発、着地型旅行商品の企画販売、人材育成や調査事業等で、地域が抱える課題解決のパートナーとして、地域活性化に寄与していきます。その一環として、北海道、東北、関東、中部、近畿、中国、四国地区の自治体、DMO等との人事交流や包括連携協定の締結等を開始します。

近鉄沿線活性化を目的としたクラウドファンディングサービス「エールレール」の開設( ㈱アド近鉄 )

㈱アド近鉄は、2021年3月、購入型クラウドファンディングサービス「エールレール」を開設しました。「近鉄沿線を応援する」をコンセプトとし、近鉄沿線で課題を抱えるクライアントへのプロジェクト企画から、返礼品プランの設計、プロジェクトページの公開作業までサポートするサービスです。
これまでに、奈良公園の鹿と環境を守る「もっとずっと鹿紙」、四天王寺の聖徳太子千四百年御聖忌を記念した「結縁綱(けちえんづな)」のプロジェクトを支援しました。今後も、沿線が抱える社会課題の解決や地場産業の活性化など、沿線の活性化につながる様々なプロジェクトをサポートしていきます。

エールレール

地域の方々による駅清掃や美化活動( 四日市あすなろう鉄道㈱ )

四日市あすなろう鉄道㈱は、沿線の学生が駅で清掃奉仕活動を実施したり、近隣の方が駅に花を植えたり、花に水やりなど、地域の方々から親しまれています。

清掃活動の様子清掃活動の様子
内部駅 花壇内部駅 花壇

ふるさと納税 貸切列車( 四日市あすなろう鉄道㈱ )

四日市あすなろう鉄道㈱では、3年前から四日市市と連携して、ふるさと納税の返礼品メニューに、「貸切列車」の運行、「駅長体験」等を提供しています。貸切列車では、市内の企業がコミュニケーションの場として、あすなろう四日市駅から内部駅の間を乗車し、自己紹介やクイズ等の催しで懇親を深めました。

貸切列車内での催しの様子貸切列車内での催しの様子

三重県の補助による利用回帰・促進への取組み( 三重近鉄タクシー㈱ )

三重近鉄タクシー㈱は、2020年10月に地元のショッピングセンターにおいて、三重県主催の交通機関利用促進PRイベントに協力しました。その際に配布するチラシやポスター、タクシー車両に貼り付けるステッカーおよび当社の安全・安心をPRするグッズとして会社案内パンフレットと個包装マスクを三重県の補助により作成し、利用回帰・促進に向けてのPRを行いました。

イベントの様子イベントの様子
パンフレット・個包装マスク・チラシパンフレット・個包装マスク・チラシ
抗ウイルス対策車両用ステッカー抗ウイルス対策車両用ステッカー

産学連携プロジェクトへの協力( 三重県観光開発㈱ )

三重県観光開発㈱は、2018年5月~2019年1月に、中京大学、中日本高速道路㈱、中日本エクシス㈱と、産学連携プロジェクトとして、三重県の特産品を使用した「贅沢おかき 三重のよくばりさん」の商品開発に協力し、安濃サービスエリア上り線のスーベニアに販売コーナーを提供しました。学生は、お客さまに高品質な商品の良さと、コストパフォーマンスの高さ、開発の努力などをアピールし、完成した商品を販売しました。

学生の販売の様子学生の販売の様子

外国人技能実習生の受け入れ( 近鉄ビルサービス㈱ )

近鉄ビルサービス㈱では、2018年11月から開発途上国の人材育成を目的とした外国人技能実習制度によるベトナム人実習生を採用しており、1・2期生12名が「都ホテル京都八条」の客室整備業務についています。また、3・4期生24名の採用も決定しており、現在ベトナムで日本語とビルクリーニングを勉強中で、2019年度末までに合計36名となります。仕事ぶりは非常に熱心で丁寧で正確であるため、オーナー様より高い評価を受けており、今後、更に人員の拡大を図っていく予定です。

1期生・2期生の12名1期生・2期生の12名

「あべのAステージ・スカイコート」の設置( ㈱きんえい )

㈱きんえいは、プロアマ問わず様々なジャンルのアーティストと来館者の交流の場として、あべのルシアス1階正面に「あべのAステージ」を提供してきましたが、2017年2月、同館15階に「あべのAステージ・スカイコート」を新設しました。

あべのAステージ(1階)あべのAステージ(1階)
あべのAステージ・スカイコート(15階)あべのAステージ・スカイコート(15階)

TOPに戻る