SDGsの取組み

SDGsとは

世界(地球)には、紛争や貧困、不平等や環境など、様々な社会課題がありますが、その中でも2030年までに解決すべき重要な問題について、「持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals)」として17個の目標(ゴール)を国連が定めたもので、英語の頭文字をとって、SDGs(えすでぃーじーず)と呼んでいます。
世界中の人々が協力して、目標の達成に取り組むことで、社会課題を解決し、世界中の人々が、誰一人取り残されることのない社会を目指すものです。
「自分の幸福のためだけに頑張る」のではなく、「社会全体、世界全体の幸福に向かって協力する」ための目印となるものです。

SUSTAINABLE DEVELOPMENT GOALS 世界を変えるための17の目標
SUSTAINABLE DEVELOPMENT GOALS 世界を変えるための17の目標 アイコン
  1. 1.貧困をなくそう
  2. 2.飢餓をゼロに
  3. 3.すべての人に健康と福祉を
  4. 4.質の高い教育をみんなに
  5. 5.ジェンダー平等を実現しよう
  6. 6.安全な水とトイレを世界中に
  7. 7.エネルギーをみんなにそしてクリーンに
  8. 8.働きがいも経済成長も
  9. 9.産業と技術革新の基盤をつくろう
  1. 10.人や国の不平等をなくそう
  2. 11.住み続けられるまちづくりを
  3. 12.つくる責任 つかう責任
  4. 13.気候変動に具体的な対策を
  5. 14.海の豊かさを守ろう
  6. 15.陸の豊かさも守ろう
  7. 16.平和と公正をすべての人に
  8. 17.パートナーシップで目標を達成しよう

近鉄グループのSDGsの取組み方

2019年5月に近鉄グループ経営計画で、長期的にグループ全体でSDGsに取り組むことを発表しており、近鉄グループ各社は、それぞれが自社の取組みとSDGsの目標との関連性を整理したうえで、優先的に取り組む目標を決定し、将来ありたい姿に近づくために、経営計画の中にSDGsを取り込んで、事業を通じてSDGsの課題解決に貢献できるよう取り組みます。

そして、2021年5月に「近鉄グループ中期経営計画2024」において、事業の持続的な成長と、「共創による豊かな社会」の実現への貢献を目指すこととし、特に重点的に取り組むSDGsの目標として、8番、9番、11番、13番を掲げています。

さらに、2021年11月に「近鉄グループサステナビリティ方針」を策定し、「価値の創出」と「事業の基盤」に関して、サステナビリティの重要テーマを7つ設定しました。
近鉄グループは、サステナビリティの重要テーマと関連する社会課題の解決に向けて、さまざまな事業活動を進め、その中でSDGsの課題解決にも貢献します。

また、社員ひとりひとりは、「SDGsの課題解決に貢献するには、自分達はどの目標で、何ができるか」「今の仕事は、SDGsのどんな目標に関連しているか」を常に意識して考えて、新たな視点で取組みを進めていくように努めます。それにより新しいビジネスチャンスが生まれたり、より良い社会のために貢献することになります。そのためには、17個の目標(ゴール)のより詳しい内容や、17個の目標をさらに169個に細分化した目標(ターゲット)を調べて、理解を深めることも必要です。

(取組み方のステップ)

  1. まず社員一人ひとりが、SDGsへの理解を深める。
  2. 各社、各事業において、17個の目標に対しての関連性や、社会やお客さまに与える影響を整理する。
  3. 中長期的な企業価値向上への重要度を検討し、特に優先的に取り組む目標を決定する。
  4. 各社・各事業において、将来のありたい姿を描き、そこに到達するために逆算して、目標設定を行う。
  5. 目標に対する取組みの進捗状況を把握できる指標(KPI)を定める。
  6. 経営計画の中に、SDGsの目標を取り込む。
  7. 取組み状況を毎年度報告する。

サステナビリティの重要テーマとSDGs

近鉄グループは、2021年10月、あらゆるステークホルダーにとって重要であると考えた社会課題を抽出し、事業との関連性に基づいて絞り込むことによって、7つの重要テーマを含むサステナビリティ方針を設定しました。
サステナビリティ方針と重要テーマに基づき、近鉄グループ各社の事業活動による価値創出を通じて、共創による豊かな社会の実現に貢献したいと考えています。重要テーマと関連する社会課題、主に貢献するSDGsは、以下のとおりです。

サステナビリティの
重要テーマ
関連する社会課題 取組み例 主に貢献する
SDGs
価値の創出
価値観の変化を先取りした、くらしの創造
  • 少子高齢化・人口減少への対応
  • サステナビリティ意識の高まり
  • イノベーション・技術革新の促進
  • 新たなライフスタイルに資する商品・サービスの提供
  • くらしの課題を解決する商品・サービスの提供
  • 健康や環境に配慮した商品・サービスの提供
  • デジタル技術活用による、営業基盤の整備
  • 8.働きがいも経済成長も
  • 9.産業と技術革新の基礎をつくろう
  • 11.住み続けられるまちづくりを
  • 13.気候変動に具体的な対策を
  • 3.人々に保健と福祉を
  • 12.つくる責任 つかう責任
  • 17.パートナーシップで目標を達成しよう
ネットワークの充実による、元気なまちづくり
  • 少子高齢化・人口減少への対応
  • 地域の経済基盤の維持・成長
  • 地域の重要なインフラの維持・再生
  • 持続可能な輸送システムの提供
  • 自治体や地元事業者等との共創による地域活性化
  • あべの天王寺エリアのエリアマネジメントの推進
  • 住民の交流・共創の場の提供
  • 百貨店の地域中核店・郊外店のタウンセンター化
  • 主要駅周辺の再開発の推進
人と地域を豊かにする観光の提供
  • 持続可能な観光業の促進
  • 地域の経済基盤の維持・成長
  • 文化遺産、自然遺産の保護・保全
  • 自治体等と連携した観光資源の魅力向上と発信
  • マイクロツーリズムの推進
  • 新たな観光特急の導入
  • アフターコロナのインバウンド需要の取り込み
  • 万博・IRを契機とした沿線への誘客
脱炭素・循環型社会
実現への貢献
  • 気候変動の対応
  • 持続可能な資源利用・生産・消費形態の促進
  • 環境に配慮した事業活動
  • 新たなライフスタイルに資する商品・サービスの提供
  • くらしの課題を解決する商品・サービスの提供
  • 健康や環境に配慮した商品・サービスの提供
  • デジタル技術活用による、営業基盤の整備
  • 13.気候変動に具体的な対策を
  • 7.エネルギーをみんなに、そしてクリーンに
  • 9.産業と技術革新の基礎をつくろう
  • 12.つくる責任 つかう責任
事業の基盤
安全の確保と
安心の追求
  • 事故の防止
  • 気候関連災害への対応
  • 重要なインフラの機能不全の抑止
  • 感染症の抑止
  • 製品・サービスの品質と安全性
  • 鉄道や各施設の安全の徹底
  • 災害対策の強化
  • 衛生管理の徹底
  • バリアフリー化の推進
  • 3.人々に保健と福祉を
  • 9.産業と技術革新の基礎をつくろう
  • 11.住み続けられるまちづくりを
  • 13.気候変動に具体的な対策を
ガバナンスと
リスクマネジメントの強化
  • 透明性の高い経営
  • 法令倫理を遵守した事業活動
  • コーポレートガバナンスの充実
  • コンプライアンスの徹底
  • リスクマネジメントの強化
  • ステークホルダーとの信頼関係の維持・強化
  • 16.平和と公正をすべての人に
  • 17.パートナーシップで目標を達成しよう
多様な人財の
育成と活躍
  • 安全・安心な労働環境の促進
  • 人権への配慮
  • ダイバーシティとインクルーシブの促進
  • 教育制度の拡充
  • 少子高齢化・人口減少への対応
  • 育児休業取得率の向上、育児・介護離職の防止
  • 健康経営の推進
  • ハラスメントの防止
  • 女性採用比率・女性管理職割合の向上
  • キャリア形成の支援
  • 様々な働き方改革を通じた労働生産性の向上
  • 3.人々に保健と福祉を
  • 4.質の高い教育をみんなに
  • 5.ジェンダー平等を実現しよう
  • 8.働きがいも経済成長も

近鉄グループのSDGs(主要会社の取組み例)

※グループ主要会社がそれぞれ各社の事業とSDGsの関連性を整理しました。

※各社が特に重点的に取り組む内容を表の中で紹介していますが、これ以外にも取り組んでいます。

※複数の課題にまたがる取組みもあるため、便宜上分類しています。

SDGsの取組み 具体的な取組み内容や今後の方向性 会社名
1.貧困対策
1.貧困をなくそう
  • フェアトレード商品の取扱い
  • 災害時募金活動の実施
  • 国連難民支援キャンペーンへの協力
  • バレンタインなどにおいて、フェアトレード商品を販売
  • 被災地支援のため、店頭での募金活動を実施
  • 各店において、国連UNHCR協会の職員による支援プログラムの紹介に協力
㈱近鉄
百貨店
2.飢餓対策
2.飢餓をゼロに
  • フェアトレード商品の取扱い
  • 国連難民支援キャンペーンへの協力
  • バレンタインなどにおいて、フェアトレード商品を販売
  • 各店において、国連UNHCR協会の職員による支援プログラムの紹介に協力
㈱近鉄
百貨店
3.健康と福祉
3.すべての人に健康と福祉を
  • 従業員の健康増進
  • 従業員の感染症の防止
  • 健康診断と産業医による指導の実施
  • メンタルヘルス対策強化のため、ストレスチェック、セルフケア・ラインケア研修の実施。さらに、カウンセリングルームや保健師による専用相談窓口を設置
  • 従業員の喫煙率低下を目標に、禁煙指導実施や受動喫煙防止の徹底
    (喫煙率 2020年:11.5%→2022年:9%)
  • 生活習慣病予防対策として、継続的な保健指導や教育の充実化、フォロー体制の整備
    (肥満率 2020年:30.7%→2022年:28%)
  • 感染症による欠勤率の低下を目指し、インフルエンザ予防接種の全額補助・社内実施
    (インフルエンザ予防接種率 2020年:82.6% ※毎年70%以上目標)
近畿日本
鉄道㈱
  • お客さまの健康増進
  • お客さまの感染症の防止
  • 「近鉄あみま倶楽部」において、従来の紙のスタンプ形式に加えて2020年6月からアプリによるサービスを開始しました。これにより、より手軽で従来よりも幅広い年代層にご利用いただいています。
  • 全車両(約1900両)を対象として車内全体に、効果が持続する抗ウイルス・抗菌加工を実施しました。お客さまが手を触れる箇所(つり革、手すり、シートなど)をはじめ、全体に噴霧することでコーティングしています。
  • 主要駅にアルコール消毒液を設置するとともに、エスカレーター、階段手すり、お客さまトイレなど駅構内の施設・設備を定期消毒しています。
  • 列車内の空気を入れ換えるため、換気装置を作動させるとともに、窓開けも実施しています。
  • シニアビジネス
  • 新しい時代に対応したシニアビジネスの展開
  • 学園前、福神の拠点となる「住まいと暮らしのぷらっとHOME」における健康や福祉などに関するさまざまなセミナーやイベントの実施
    (2020年度実績 セミナー387回 約3,000人参加)
    (2021年度目標 セミナー500回 4,500人参加)
近鉄
不動産㈱
  • ウェルネスビジネス
  • 健康に配慮したスマートウェルネス住宅の開発
    (ローレルスクエア健都ザ・レジデンス、ローレルスクエア健都ザ・テラスにおけるウェアラブル端末を利用した健康ソフトサービスの提供など)
  • 従業員の健康増進対策
  • ワーク・ライフ・マネジメントの推進
  • 健康に関する催事の実施
  • 国連難民支援キャンペーンへの協力
  • 健康経営優良法人の取得(2022年度目標)
  • 法定以上の健康診断の実施
  • メンタルヘルスチェックの実施
  • 健康管理室の設置
  • 「ココロとカラダの健康フェア」を開催
  • 各店において、国連UNHCR協会の職員による支援プログラムの紹介に協力
㈱近鉄
百貨店
  • お客さま、従業員の健康増進
(お客さま)
  • 2019.4.1より飲食店舗の客席を禁煙化
(社員)
  • インフルエンザ予防接種の一部補助
  • ストレスチェック毎年度実施
  • 産業医からの定期的な講話の掲示
  • 本社における禁煙タイムの設定
㈱近鉄
リテーリング
  • 健康社会への貢献
  • 健康に配慮した商品提案、売り場作り
  • 栄養バランスのとれたメニュー提案
㈱近商ストア
  • 健康増進ツアー、シニア向けツアーの実施
  • すべての人々の健康的な生活に「旅」で貢献
  • 健康増進につながるツアー(「あるく」シリーズの展開など)
  • スポーツ事業への注力。(東京マラソンへの協賛など)
  • すべての人に優しい旅の開発~アクセシブルツーリズムの普及・促進~(ゆとりを持った行程のツアー「ゆったり旅」など)
KNT-CT
HD㈱
  • 社員の健康の増進
  • テレワークの推進など、働き方改革の推進
  • 社員が活き活きと働けるための職場環境の改善
  • 定期健康診断に加え、ストレスチェック(メンタルヘルス)や無料歯科検診の実施
  • 世界の子供たちへワクチンを贈る
  • 社員によるエコキャップ回収活動
4.質の高い教育
4.質の高い教育をみんなに
  • 教育研修の実施
  • 環境啓発教育の実施
  • 現場の課題に対応した教育研修

    外部講師の専門的な知見を積極的に導入
    映像マニュアル作成による教育の効率化

  • 教育研修の実績(2020年度 延べ人員:5,534名、延べ時間16,941時間)
  • 通信教育の受講援助

    現場のニーズに応じたラインナップ
    従来の5割、7割の受講料補助に加えて9割の補助を実現

    (通信教育受講者数 2020年度164名)
  • 志摩スペイン村にて、主に修学旅行の小中学生を対象として、環境施設見学プログラムを実施している。(2020年度 11校 745名)
近畿日本
鉄道㈱
  • 教育研修の実施
  • 総合力、人間力、実務力に重点を置き、社員の意識向上やキャリアパス支援に寄与する階層別研修の実施
  • 通信教育の受講支援(2020年度受講者数 19人)
  • 資格取得のための養成制度や奨励金支給制度の充実化
    (対象資格数124資格、対象資格取得者数 2020年度 54名)
近鉄
不動産㈱
  • 地域の学校との協力
  • 教育関係施設への寄付
  • 子ども、学生を対象にした催事の実施
  • 教育、研修の実施
  • 国連難民支援キャンペーンへの協力
  • 近隣学校の職場体験受け入れ
  • 学生の催事等への参加
  • 大学等教育機関、図書館への寄付
  • 「あべのこども博覧会」の開催
  • 「縁活」の実施
  • 各種研修制度
  • 各店において、国連UNHCR協会の職員による支援プログラムの紹介に協力
㈱近鉄
百貨店
  • 従業員に対する教育研修の実施
  • 通信教育の受講援助
  • 資格取得の受講料援助
㈱近鉄
リテーリング
  • 質の高い教育旅行の実施
  • SDGs教育をはじめとした、質の高い教育に寄与するよう工夫した修学旅行、教育旅行等を提案、実施。
  • コロナ禍において、修学旅行実施を見送る学校(生徒)に体験を提供する「リモート修学旅行」を開発・実施。
  • 企業連携で「SDGs×教育×旅」の学びのプログラムを開発。
  • 産官学連携で「地域活性×人材育成×旅」の学びのプログラム開発
  • 「国連の友Asia-Pacific」と連携し、環境や生物保護の啓蒙となる旅行や国際交流・国際理解を深める旅行プログラムを実施。
  • 持続的平和学習「折り鶴の再生・循環プロジェクト」
KNT-CT
HD㈱
5.ジェンダー平等
5.ジェンダー平等を実現しよう
  • ダイバーシティ推進
  • 女性活躍推進法に基づく行動計画の策定(2021年4月より新目標)
    女性採用比率の数値目標
    鉄道運輸部門の採用者に占める女性比率 30%以上
    鉄道技術部門の採用者に占める女性比率 5%以上
    2020年度 運輸23.5% 技術3.9%
  • 育児休業取得率の数値目標
    出産した女性に占める育児休業取得率75%以上
    配偶者が出産した男性に占める育児休業取得率7%以上
    2020年度 女性:78.5% 男性:14.8%
  • 育児と仕事を両立させる取組み、制度の充実化
近畿日本
鉄道㈱
  • 女性活躍推進
  • 女性活躍推進法に基づく行動計画の策定と公表
  • 女性採用者比率、女性管理職比率の数値目標の策定
  • キャリアアップの支援、育児と両立支援制度
  • 女性管理職比率 11.3%(女性管理職比率目標15%)
  • 育児と仕事を両立させるための時間単位年休制度および時差出勤制度の導入
  • 育児休暇取得後の職場復帰の推進
    2020年度中に育休期間を終了した社員のうち、職場復帰した社員の割合 実績:100%
    2019年度中に育休期間を終了した社員のうち、職場復帰日から1年後の日に退職せず在籍している社員の割合 実績:85.7%
近鉄
不動産㈱
  • 女性活躍推進
  • 女性の働きやすい職場環境づくり
  • ハラスメント相談窓口の設置
  • ダイバーシティの推進
  • 女性活躍推進法に基づく行動計画の策定
    (目標)女性管理職比率25%(2030年度達成)
  • 次世代育成支援対策推進法に基づく行動計画の策定
  • 「えるぼし」認定の取得
  • 産前産後休暇、育児休職、育児短時間勤務において法定以上の制度を設置
    (目標)育児休職取得率 男性取得率100%(2030年度達成)
  • 育児休職中の社員を対象とした交流会の開催
  • 「セクシャルハラスメント相談窓口」、「妊娠・出産・育児・介護に関するハラスメント相談窓口」の設置
  • 国際女性デーを記念した「ハッピーウーマンフェスタ」を開催
  • (目標)障がい者雇用率2.7%(2030年度達成)
  • (目標)再雇用制度の70歳延長(2030年度達成)
㈱近鉄
百貨店
  • 女性活躍推進
  • 女性活躍推進法に基づく行動計画の策定
  • 女性管理職比率の数値目標設定
    女性採用比率の数値目標
    管理監督職に占める女性労働者の割合を10%以上にする。
    計画期間:2021年4月1日~2026年3月31日
  • 育児と仕事を両立させる取組み、制度の充実化
㈱近鉄
リテーリング
  • 女性が生き生きと働ける職場づくり
  • 女性の管理職への積極的な登用
㈱近商ストア
  • 女性管理職比率の数値目標設定と女性管理職の育成
  • 子育て社員が両立しながら働き甲斐を得られる取り組みや制度の拡充
    (短時間勤務制度、在宅勤務制度、時間単位の年休制度、仕事と家庭の両立を支援するキャリアデザイン研修、育児休業からの復職者支援プログラムの実施等)
KNT-CT
HD㈱
6.安全な水とトイレ
6.安全な水とトイレを世界中に
  • 中水利用の実施
  • あべのハルカスにおいて、排水を中水処理し、トイレ洗浄水などとして再利用
近鉄
不動産㈱
7.クリーンエネルギー
7.エネルギーをみんなに、そしてクリーンに
  • 省エネルギー、省CO2の推進
  • 省エネルギー車両の導入
  • 車両の車内灯LED化
  • 駅への省エネ設備、LEDの導入
近畿日本
鉄道㈱
  • 太陽光発電設備の設置
  • 志摩スペイン村の遊休地を活用し、近鉄志摩スペイン村ソーラー発電所を設置
  • 再生可能エネルギーの利用
  • 計6か所の太陽光発電所における発電の実施
    太陽光発電量実績(6カ所の太陽光発電所)
    2020年度 総発電量実績 約32,722千kWh
    2021年度 総発電量目標 約32,235千kWh
近鉄
不動産㈱
  • あべのハルカスにおいてビル内で発生した生ゴミの発酵により、バイオガスを発生させて熱をつくり給湯に利用
    あべのハルカスにおけるバイオガス発生量
    2020年度 年間発生量 約5,600㎥
  • エネルギー効率に配慮した住まいづくり
  • エネルギー効率に配慮したスマートウェルネス住宅の開発
    (ZEH-Mのローレルコート赤羽、ローレルコート桃山台ザ・レジデンスの分譲、登美ヶ丘住宅地での太陽光パネル設置、マンションや登美ヶ丘住宅地における家庭用燃料電池エネファームの採用など)
    今後はZEHの供給増も視野に入れて取り組む
  • 「断熱等性能等級4」採用率
    2020年度 実績:100%
  • 「高効率機器」採用率実績
    ※高効率給湯器、LED器具、節水型トイレ
    2020年度 実績:100%
  • 省エネルギーの推進
  • 店内の照明をLED照明に切り換え
  • 店内の空調機器、冷凍冷蔵機器等の更新時に省エネ設備に切り換え
㈱近鉄
百貨店
8.働きがい・経済成長
8.働きがいも経済成長も
  • 観光客の利便性向上
  • 夢洲エリアから沿線観光地への誘致
  • 直通ネットワーク及び特急サービス充実による沿線の魅力向上
  • IR開業に合わせた夢洲直通列車の開発
  • 新たな観光特急の運行を計画
近畿日本
鉄道㈱
  • 雇用創出に繋がる観光業の促進
  • 沿線観光地への旅行促進
    • 電車と観光施設等をセットにした企画乗車券の発売
    • 沿線観光資源の掘り起しと観光情報発信(近鉄エリアキャンペーン)
    • 沿線観光施設(神社仏閣など)との協働プロモーションの実施
    • 伊勢志摩エリアの観光素材開発と誘客促進
      (旅行会社への企画提案、MICE、修学旅行誘致など)
  • アフターコロナにおける沿線観光地への訪日外国人旅行客の誘致を見据え、沿線観光地の魅力の情報発信等を行っている。
    (SNSを用いた情報発信、海外AGTとの情報連携等)
  • 多様なライフスタイルに応じたワークライフバランスの実現
  • ダイバーシティの推進
  • ノー残業デー、時間単位年休制度、時差出勤制度などによる育児・介護との両立支援
  • 「働き方改革」「女性活躍推進」などをテーマに労使で協議を行う「Color the life委員会」活動の推進
  • 「近鉄・伊勢志摩ワーケーション」実証実験の実施
  • 多様な人材活用、差別のない採用
近鉄
不動産㈱
  • 多様なライフスタイルに応じたワークライフバランスの実現
  • ノー残業デー、フレックスタイム、時差出勤、アニバーサリー休暇、仕事と育児の両立支援制度
  • テレワークの推進
㈱近鉄・
都ホテルズ
  • ワーク・ライフ・マネジメントの推進
  • キャリア形成の支援
  • 地域共創事業の推進
  • 地域、行政と連携を図った複合型サービス施設の実現
  • 所定外労働時間削減の取組み
  • 週1回のノー残業デーの実施
  • 年次有給休暇取得促進
  • 地産地消の拡大
  • タウンセンター化の実現
  • 地域との連携協定の締結
㈱近鉄
百貨店
  • 多様なライフスタイルに応じたワークライフバランスの実現
  • 職業生活と家庭生活との両立に資する雇用環境の整備(時間単位の年次有給休暇制度の導入、本社におけるフレックスタイム制の導入など)
    (目標)社員の離職率を男性・女性とも4%以下にする。
    計画期間:2021年4月1日~2026年3月31日
㈱近鉄
リテーリング
  • 働きやすい会社
  • ワークライフバランス(育児休暇制度、短時間勤務制度の充実)
  • 長時間労働の削減、時間外労働の削減
㈱近商ストア
  • 多様な働き方を促すツアーの実施
  • 長期滞在やワーケーションツアーの企画・実施
KNT-CT
HD㈱
  • 多様なライフスタイルに応じたワークライフバランスの実現
  • ダイバーシティの推進
  • テレワーク、リモート会議の活用や事務所のフリーアドレス化の推進
  • 子育てや介護等と両立しやすい環境の整備(短時間勤務制度、在宅勤務制度、半日単位の年休制度等)
  • 仕事と家庭の両立を支援するキャリアデザイン研修
  • 育児休業からの復職者支援プログラムの実施
  • 性別、人種、国籍、宗教、年齢など多様な人材の活用
  • 差別のない採用
9.産業と技術革新
9.産業と技術革新の基盤をつくろう
  • テクノロジーを活用した既存事業のサービスの自動化、省力化
  • ITを利用したモビリティサービス(MaaS)
  • 近未来ステーション構想の検討
  • 近鉄総合案内センターによるお客さまの集中応対
  • リモートサポート型自動発売機によるきっぷ購入サポート
  • 鉄道営業のデジタル化の促進
  • MaaS等によるスムーズな電車利用
  • 新型軌道検測装置による軌道検査の省人化
  • 大和西大寺駅で、大型マルチディスプレイを使用したお客さま案内、AIを活用した案内ロボットの導入、改札口見守りシステムの実証実験を実施。
近畿日本
鉄道㈱
  • AI、IoTなどを活用したまちづくり
  • テクノロジーを活用した営業活動の推進
  • AI、IoTなどを駆使したスマートシティ、スマートウェルネス住宅の開発
  • テクノロジーを活用した営業活動の高品質化、効率化の推進
近鉄
不動産㈱
  • テクノロジーを活用した既存事業のサービス自動化、省力化
  • 自動チェックイン機やモバイルチェックインの導入による効率的な運営体制の構築
    2020年6月シティ大阪本町、2021年2月都シティ東京高輪、2021年3月都シティ近鉄京都駅に導入
㈱近鉄・
都ホテルズ
  • 省エネルギーの推進
  • 店内の照明をLED照明に切り換え
  • 店内の空調機器、冷凍冷蔵機器等の更新時に省エネ設備に切り換え
㈱近鉄
百貨店
  • AI、Iot、ロボットなどを活用した新規事業・事業分野の拡大
  • テクノロジーを活用した既存事業のサービスの自動化、省力化
  • テクノロジーの活用による省人化、無人化店舗の研究
  • クラフトビール非接触型タップルームの開発
㈱近鉄
リテーリング
  • テクノロジーを活用した業務の自動化、省力化
  • セルフレジの導入やキャッシュレス決済の推進
  • スマートフォンアプリによる販売促進
  • AI(人工知能)を活用した業務改善
㈱近商ストア
  • ITを活用した業務の革新
  • テクノロジーを活用したサービスの向上
  • 共通の趣味(テーマ)を持つ人と人が繋がり交流できるオンライン上のコミュニティプラットフォーム(場)を構築し、サブスクリプションサービスを提供する「新・クラブ1000事業」の推進
  • 旅の専門家によるアドバイザリーサービス「旅のコンシェルジュ」を新たにWEB上に展開し、アバターによるリモート接客を実施。
  • 修学旅行の支援アプリ「旅ともプラス」、オンラインの営業管理ツール「ひまわり」などデジタルトランスフォーメーション化を推進。
  • 「パンフレット自動制作システム」
KNT-CT
HD㈱
10.不平等を無くす
10.人や国の不平等をなくそう
  • 人権に関する理解を深める
  • 人権啓発の促進、研修の実施
  • 人権研修の実施回数、受講人数
    (実績)

    ①人権・同和研修
    実施回数:14回 受講回数:649人

    ②ハラスメント防止eラーニング
    本社部門を対象に2020年2月(パワハラ編)、2020年9月(セクハラ編)を実施
    受講人数:延べ1824人

  • ハラスメントの防止対策の実施
近畿日本
鉄道㈱
  • ダイバーシティの推進
  • 差別のない採用
  • 公正採用選考人権啓発推進員の選任
  • 採用における人権、地域、性別、年齢、性的指向、障がい、国籍、人種、宗教による差別の排除
  • 障がい者雇用の推進
  • 新卒採用区分の拡大を検討
  • 多様な人材活用
  • 人権に関する理解を深める
  • 外部人権団体への参加、人権啓発の促進、社内人権研修の実施
  • 宅地建物取引業人権推進員の養成
近鉄
不動産㈱
  • ダイバーシティの推進
  • 外国人採用の促進
㈱近鉄
百貨店
  • 人権に関する理解を深める
  • 人権啓発の促進、研修の実施
  • ハラスメントの防止対策の実施
㈱近鉄
リテーリング
  • ユニバーサルツーリズムの推進
  • 年齢、性別、国籍、障がいの有無に関わらず、誰もが旅を楽しめるツアーの企画・実施。
  • 社員のユニバーサルマインドの育成(ユニバーサルマナー講座受講)
KNT-CT
HD㈱
  • 人権に関する理解を深める
  • ノーマライゼーション社会への貢献
  • 人権啓発の促進、ハラスメント研修の実施
  • 東京人権啓発企業連絡会に所属
  • 国際ゲイ&レズビアン旅行協会への加盟(KNT関西)
  • ダボス会議で発足した障がい者の社会参加を推進する国際的なムーブメント「The Valuable 500」への加盟
KNT-CT
HD㈱
11.住み続けられるまちづくり
11.住み続けられるまちづくりを
  • 沿線価値向上の取り組み
  • 「子供の教育と未来に希望を持てる沿線づくり」をテーマに2021年5月に、協力業者と共同で、大和西大寺駅にプログラミング教室を開業。
  • 沿線に多くの団地を持つURと地域活性化を共同で実施していく協定を締結。高の原を手始めに各種施策を実施していく。
  • 白子駅の美装化
  • 沿線価値向上の取り組みを情報発信するホームページの制作
近畿日本
鉄道㈱
  • 近鉄ブランド(安全・安心・信頼)を高めるための事業活動の展開
  • 安全に対する意識(ソフト面)の向上
  • 安全に対する設備(ハード面)の向上
    高架橋柱・トンネル耐震補強、法面対策、ホーム安全対策等
  • 安全設備投資額の推移(2019年度~2024年度)
    2019年度実績:184億円
    2020年度実績:215億円
    2021年度計画:120億円
    2022年度予定:115億円
    2023年度予定:137億円
    2024年度予定:158億円
  • 良好なまちづくりの展開
  • 駅周辺再開発の推進
    (河内小阪駅前、学園前駅、大和西大寺駅前、近鉄四日市駅周辺の再開発)
  • 上本町ターミナル事業の推進
  • エリアマネジメントの推進
    (あべのハルカス、てんしばを中心とした、あべの・天王寺エリアや、沿線主要駅である学園前駅周辺エリアの魅力向上など)
近鉄
不動産㈱
  • 安全・安心で豊かな暮らしを支える生活支援事業の推進
  • 主に沿線地域において今後も長く住み続けられるようなシニアレジデンスの開発や、AI、IoTなどを活用したヘルスケアサービスの提供
近鉄
不動産㈱
  • 学園前、福神の拠点となる「住まいと暮らしのぷらっとHOME」において沿線住民の日常生活をより便利に、快適にお過ごしいただくためのさまざまなセミナーやイベントを実施
近鉄
不動産㈱
  • 住宅、商業施設等のバリアフリー化やユニバーサルデザインの推進
近鉄
不動産㈱
  • 災害と環境に配慮したまちおよび住宅づくり
  • 環境や防災、持続可能性に配慮した住宅地やマンション・住宅の開発
    (登美ヶ丘住宅地などけいはんな線沿線での宅地・マンション開発、サステナブル住宅賞を受賞したライオンズ港北ニュータウンローレルコートなど)
  • マンション防災備蓄品設置率(マンション防災倉庫設置率)2020年度 実績:100%
近鉄
不動産㈱
  • 省エネルギーに配慮したスマートウェルネス住宅の開発
    (ZEH-Mのローレルコート赤羽、ローレルコート桃山台ザ・レジデンスの分譲、登美ヶ丘住宅地での太陽光パネル設置、マンションや登美ヶ丘住宅地における家庭用燃料電池エネファームの採用など)
    今後はZEHの供給増も視野に入れて取り組む
近鉄
不動産㈱
  • 既存物件の再生および有効活用
  • 住宅需要が新築からリフォームへ移行する中で、リフォームおよびリノベーション事業を推進
  • 当社の保有物件の耐震診断の実施および耐震改修等の推進
近鉄
不動産㈱
  • 安全・安心で豊かな暮らしを支える生活支援事業の推進
  • 災害時の帰宅困難者受け入れ
  • 伊勢志摩活性化:伊勢志摩ガストロノミー活動推進
    :三重県「木づかい宣言」への参画
㈱近鉄・
都ホテルズ
  • 災害時対応の整備
  • 環境対策の実施
  • 危機管理マニュアル、地震対策マニュアルの整備
  • BCPの策定
  • 防災訓練の実施、災害備蓄品の管理
  • 自治体との災害協力体制の再構築
  • 安否確認サービスの導入
  • 地域緑化促進
㈱近鉄
百貨店
  • 沿線価値向上の取り組み
  • 駅ナカショッピングモール「Time’s Place」の展開など駅ナカ・駅チカの活性化
㈱近鉄
リテーリング
  • 高齢化社会に対応
  • 移動スーパー、来店宅配、ネットスーパーの拡充と高齢者の見守り協力
㈱近商ストア
  • 安全・安心なツアーの実施
  • 地域誘客事業の推進
  • ガイドラインに準拠した安全・安心なツアーの企画・実施
  • 感染症対策に徹底的に取り組んだ「クラブツーリズムニュースタイル」の企画・実施
  • 新しい修学旅行のカタチとしてオンラインとリアルを駆使した近畿日本ツーリストの「リモート修学旅行」の開発・実施
  • 復興支援を目的とした旅行キャンペーンの実施
KNT-CT
HD㈱
  • 災害に強いまちづくりへの協力
  • 地震等の被災地での復興支援ボランティア(亘理町での防潮林再生活動ほか)
  • 社員と会社のマッチングギフト方式による被災地への義援金の出捐
12.つくる責任・つかう責任
12.つくる責任 つかう責任
  • 廃棄物削減および再利用
  • 商業施設、オフィスビルにおける廃棄物の削減・再利用の実施
  • あべのハルカスにおいて発生した生ゴミを利用して生成したバイオガスを用いた給湯システムによる廃棄物の削減および再利用
近鉄
不動産㈱
  • 既存物件の再生および有効活用
  • 人口減少により需要が新築からリフォームへ移行する中で、リフォームおよびリノベーション事業を推進
    リフォーム2020年度工事件数 約2,500件
    リノベーション賃貸レジデンス「リフィオ」シリーズブランド2020年度実績 1棟 18戸
  • 耐震診断の実施および耐震改修等の計画的な推進
  • 循環型社会への貢献
  • コピー用紙の削減
  • 食品ロス問題への取組み推進(2020年5月全ホテルでポスター掲示・啓発活動)
  • 都リゾート志摩ベイサイドテラスでレインフォレストアライアンス認証農園産コーヒー豆使用
  • FSC認証、フェアトレード認証などを得ている材料の積極的な仕入・利用
㈱近鉄・
都ホテルズ
  • 環境に着目した催事の実施
  • 食品廃棄物削減の取組み
  • 衣料品の引き取りを実施
  • 天然素材を使用した商品、ショップを集めた「ナチュラルライフフェア」を開催
  • 「アップサイクルウィーク」、「あべの雑貨タウン」の開催
  • 売場から出た生ゴミ等をリサイクル処理
㈱近鉄
百貨店
  • 食品廃棄(フードロス)の削減
  • 3R(Reduce(リデュース)、Reuse(リユース)、Recycle(リサイクル))の推進
  • 飲食店におけるエコ箸の使用
  • コピー用紙の使用量削減
  • 食品廃棄ロスの削減
  • 発注量の適正化
  • FC本部主導による中食商品のロングライフ化
  • レジ袋の有料化とバイオマス比率の高いレジ袋の使用
  • 店舗の閉店の際に撤収した什器、冷蔵ケース等の他店舗への再利用または後継テナントへの引継ぎ
㈱近鉄
リテーリング
  • 需要予測の精密化による適正発注の導入(AI活用)
  • 適正在庫、適正生産
  • 食品トレー、牛乳パック、ペットボトルの回収
  • 食品廃棄物(牛脂や魚あらおよび廃油)の再生利用
㈱近商ストア
  • 廃棄物削減
  • コピー用紙やパンフレットの廃棄量削減と3R(リデュース、リユース、リサイクル)への協力
  • ウェブ販売推進によるパンフレットの削減
KNT-CT
HD㈱
13.気候変動対策
13.気候変動に具体的な対策を
  • 省エネルギー、省CO2の推進
  • 省エネルギー車両の導入(2021年度実績 64%)
  • 車両の車内灯LED化
  • 駅への省エネ設備、LEDの導入
  • (目標)駅のLED照明導入率を2030年度に90%にする(2020年度現在81%)
  • 名阪特急アーバンライナーを使用した貨客混載事業の実施
  • 傘のシェアリングサービス「アイカサ」の導入
近畿日本
鉄道㈱
  • 太陽光発電
  • 志摩スペイン村の遊休地を活用し、近鉄志摩スペイン村ソーラー発電所を設置
    発電量 2020年度実績 3,159,776kwh
 
  • 省エネルギー
  • 省エネルギーに配慮したスマートウェルネス住宅の開発
    (ZEH-Mのローレルコート赤羽、ローレルコート桃山台ザ・レジデンスの分譲、登美ヶ丘住宅地での太陽光パネル設置と家庭用燃料電池エネファームの採用、サステナブル住宅賞を受賞したライオンズ港北ニュータウンローレルコートなど)
  • 「断熱等性能等級4」採用率
    2020年度 実績:100%
  • 「高効率機器」採用率実績
    ※高効率給湯器、LED器具、節水型トイレ
    2020年度 実績:100%
近鉄
不動産㈱
  • オフィスビルなどの賃貸物件における空調機等の更新、省エネ設備、LEDの導入によるエネルギー使用量の削減
  • ビルおよび大規模施設のエネルギー管理一元化のため、エネルギーコンサルティング企業のサポートのもと、エネルギー使用量を数値化し把握のうえ、削減
近鉄
不動産㈱
  • CO2削減
  • プラスチックごみ削減
    (紙ストロー化、プラスチックバッグの廃止、シャンプーのボトル化)
  • マイボトル化推進(シティカテゴリーホテル)
㈱近鉄・
都ホテルズ
  • 環境に配慮した事業活動
  • エコお願いシートを客室内トイレに設置
  • 英虞湾干潟再生事業(志摩市)
  • ラブリバー庄下川参加(尼崎市)
㈱近鉄・
都ホテルズ
  • 災害時対応の整備
  • 環境対策の実施
  • 危機管理マニュアルの整備
  • 防災訓練の実施、災害備蓄品の管理
  • 安否確認サービスの導入
  • スマートラッピング(エコ包装)の推進
  • オリジナルエコバッグ、スマートクールバッグの販売
  • 環境配慮型包装資材への切り替え
  • クールビズ、ウォームビズの実施
  • 空調温度の緩和、地域緑化促進
㈱近鉄
百貨店
  • 省エネルギー
  • LED照明化の推進
  • 駅売店等のコンビニFC展開によるCO2削減
  • 年間を通じての「エコスタイル運動」の実施(空調機器の適正な温度管理)
  • 店舗内天井照明等のLED化推進
  • コンビニのFC展開による、植物由来の「バイオマスプラスチック容器」の使用
㈱近鉄
リテーリング
  • エネルギー・環境対策
  • 計画的な保守の実施による設備寿命の延長
  • 省エネ設備投資(冷蔵ケース照明のLED化推進等)
  • フロンガス対応
㈱近商ストア
  • 環境配慮、自然保護を啓発するツアーの実施
  • エコツーリズム、グリーンツーリズムの実施(植樹ツアー、外来植物駆除プログラム等)
  • 国連の友Asia-Pacificを通じた環境保護に関する教育旅行の推進
  • 自治体等と自然保護の重要性を啓蒙する活動に関する協定締結
  • 環境を考えるイベントへの社員参加
KNT-CT
HD㈱
14.海の豊かさを守る
14.海の豊かさを守ろう
  • 環境対策の実施
  • スマートラッピング(エコ包装)の推進
  • オリジナルエコバッグ、スマートクールバッグの販売
  • 株主様へのオリジナルエコバッグ交換
  • クールビズ、ウォームビズの実施
  • 空調温度の緩和
㈱近鉄
百貨店
  • 海洋生物の保護を啓発するツアーの実施
  • SDGs教育をはじめとした、質の高い教育に寄与するよう工夫した、修学旅行、教育旅行等の提案・実施
  • 沖縄サンゴプログラム、マングローブプログラムを盛り込んだ教育旅行の実施
  • 国連の友Asia-Pacificを通じた海洋生物の保護、環境保護に関する教育旅行の推進
KNT-CT
HD㈱
15.陸の豊かさを守る
15.陸の豊かさも守ろう
  • 開発における既存樹木の保全
  • 開発における敷地内緑化の推進
  • マンション、住宅地開発における既存樹木の保全、敷地内緑化の推進
近鉄
不動産㈱
  • 山林の保有
  • 近鉄沿線を中心として、保安林を含む山林を約1,200ha(登記簿ベース)保有し、生物多様性の保全と自然環境の維持に努める
  • 環境対策の実施
  • スマートラッピング(エコ包装)の推進
  • オリジナルエコバッグ、スマートクールバッグの販売
  • 株主様へのオリジナルエコバッグ交換
  • 冷暖房温度の緩和
  • WEB化によるペーパーレス推進
㈱近鉄
百貨店
  • 沿線への植樹活動
  • 吉野の桜を守ろうキャンペーンへの協力
㈱近鉄
リテーリング
  • 自然保護を啓発するツアーの実施
  • 自治体等との生物多様性保全パートナーズ協定締結
  • SDGs教育をはじめとした、質の高い教育に寄与するよう工夫した、修学旅行、教育旅行等を提案、実施する
  • グリーンツーリズムの実施
  • 国連の友Asia-Pacificを通じた環境保護に関する教育旅行の推進
KNT-CT
HD㈱
16.平和と公正をすべての人に
16.平和と公正をすべての人に
  • コンプライアンスの推進
  • 反社会的勢力の排除
  • コンプライアンス研修の実施
  • 反社会的勢力の排除に向けた取り組みの強化
近鉄
不動産㈱
  • コーポレートガバナンスの強化
  • 社外取締役の選任
  • 社外監査役の選任
㈱近鉄
百貨店
  • コンプライアンスの推進とコーポレートガバナンスの強化
  • コンプライアンスポリシーの周知とコンプライアンス研修の実施。
  • 取締役会を活性化し、社外役員に対する情報提供を強化する。
  • 人事・報酬諮問委員会の設置。
KNT-CT
HD㈱
  • 教育旅行事業を通した持続的平和学習
  • 平和を学ぶ教育旅行プログラムの推進(広島・沖縄等の平和学習)
  • 「国連の友Asia-Pacific」との連携により、国連がめざす環境・平和・人権の課題解決にリンクした旅行プログラムを支援する。(国際交流や国際理解を深めるプログラム、持続的平和学習プログラム等)
  • 教育旅行、企業のCSR活動を通した持続的平和学習を推進する。(広島を訪問地とする修学旅行やイベントにて折り鶴の再生・循環プロジェクト「平和をつなぐ千羽鶴をつくろう」を実施・出展)
KNT-CT
HD㈱
17.パートナーシップで目標を達成しよう
17.パートナーシップで目標を達成しよう
  • 観光情報発信・誘客に向けた行政・自治体との協働・地域社会との連携
  • 行政・自治体と連携したプロモーション活動の実施
     イベント(サイクリング、マラソンなど)の協賛
     ポスター等の共同制作
     近鉄エリアキャンペーンの実施 など
  • 行政・自治体と連携した訪日外国人旅客誘致活動の実施(VJ事業等)
  • 沿線自治体との連携による、高齢者の外出促進政策への協力
近畿日本
鉄道㈱
  • 地域社会との連携
  • 沿線地域の住民、自治体、学校などのステークホルダーとの連携
    (沿線自治体等と連携した住み替えや既存住宅の流通・活用、空き家対策などの実施)
  • エリアマネジメントの推進
    (あべのハルカス、てんしばを中心とした、あべの・天王寺エリアや、沿線主要駅である学園前駅周辺エリアの魅力向上など)
近鉄
不動産㈱
  • 地域社会、自治体・学校との交流
  • 2020年7月こども食堂への支援活動
  • 子ども神輿巡業に協力(S東京)
  • プール学院ハンドベルミニコンサートの実施(大阪マリオット都ホテル)
  • 伝統工芸の魅力アピール
  • 2021年3月ウェスティン都ホテル京都 京都の伝統工芸「組紐」「西陣織」を装飾したユニフォーム導入)
㈱近鉄・
都ホテルズ
  • 縁活
  • こどもホスピスへの寄贈
  • 近隣地域清掃活動への参加
  • 交通安全、火災予防、放置自転車等街頭啓発の協力
㈱近鉄
百貨店
  • 各地域の大学と産学連携プロジェクトの取組み(フードコートメニュー共同開発)
  • 職場体験受入
  • 地域の生産者・加工者とのオリジナル商品の開発(irodori   kintetsu)
  • 地産地消による商品の企画開発(地域食材の積極的な活用)
  • 近鉄沿線の地域産品などを取り扱うEコマースサイト「いろどりモール」の立ち上げ
㈱近鉄
リテーリング
  • 地元産業(生産者)との連携
  • 行政と連携した移動スーパーの拡大(見守り協力など)
㈱近商ストア
  • 異業種との連携による新サービスの提供と、地域社会との連携
  • 地域社会(自治体・企業・民間団体等)との連携による地域誘客の推進(お城の受託運営管理、TV東京「ハーフタイムツアーズ」等)
  • 地域の企業や自治体、民間団体等とタイアップしたオリジナルイベントの実施(「月見のおわら」、「まつりインハワイ」など)
  • 異業種との連携による新サービスの提供(ふじみの救急病院との提携によるPCR検査付ツアー・イベント、ATOUNと連携した「着るロボット」で歩行をサポートする旅、お笑いの「よしもと芸人さん」が同行する笑いのある旅など)
  • イベントへの協賛(「大学生による中高生のためのSDGs/サスティナビリティアワード」への企業賞の提供による活動への支援など)
KNT-CT
HD㈱

SDGsラッピングバスの運行開始( 近鉄バス㈱ )

近鉄バス㈱では2019年9月より、SDGsをPRするための車内ポスターおよび、SDGsカラーのつり革を設置したラッピングバスを1台、SDGsカラーのつり革を設置したバスを1台運行しています。運行開始にあたり、9月4日に近畿大学および日本青年会議所とともに布施営業所で、11月11日には富田林市および日本青年会議所とともに富田林駅前にて出発式を開催しました。今後も継続的に運行します。

SDGsバスSDGsバス
SDGsの17個の目標(カラーホイール)をあしらったつり革SDGsの17個の目標(カラーホイール)をあしらったつり革
布施営業所での出発式の様子布施営業所での出発式の様子

社内報におけるSDGs特集の掲載( 近鉄不動産㈱ )

近鉄不動産㈱は、2020年5月発刊の社内報「未来」において、社員一人ひとりがSDGsへの関心を持ち、正しい知識と意識を身につけるため、SDGsについて紹介する特集記事を掲載しました。記事では、SDGsの定義や考え方、近鉄グループ長期目標とSDGs、同社のSDGs達成に向けた具体的な取組み例などを紹介し、SDGsについて知らなかった人でも理解しやすいように作成しました。同社では、まず社員一人ひとりがSDGsへの理解を深め、一歩ずつ着実に貢献していこうと考えており、今後も社員のCSRに関する意識を高めるため、社内広報を強化していきます。

社内報のSDGs特集ページ社内報のSDGs特集ページ

大学生による中高生のためのSDGs/サスティナビリティアワード「#SASS2020」に協賛( ㈱近畿日本ツーリスト首都圏 )

㈱近畿日本ツーリスト首都圏は、2020年11月、#SASS2020「大学生による中高生のためのSDGs/サスティナビリティアワード」が中高生にとって、「学びの場・表現の場・つながる場」になることに賛同し、同アワードにおいて審査員を務め、企業賞を提供することで、これらの活動を支援しました。#SASS2020「大学生による中高生のためのSDGs/サスティナビリティアワード」とは、未来を担う中高生がSDGsのゴール達成をテーマとした動画を通してメッセージ伝えるコンテストで、運営は大学生が担い、協賛する企業が企業賞を提供しています。

大学生による中高生のためのSDGs/サスティナビリティアワード大学生による中高生のためのSDGs/サスティナビリティアワード

現役高校教諭ら学識経験者が監修 日本初のSDGs地図教材 SDGsマップ「沖縄」を発売( ㈱近畿日本ツーリスト首都圏 )

㈱近畿日本ツーリスト首都圏は、2021年3月、近畿日本ツーリストが長年培ってきた教育旅行の経験を生かし、修学旅行での活用を目的としてSDGsマップ「沖縄」を制作し、販売を開始しました。折りたたんでA5サイズになる持ち歩きに便利なサイズで、地図上の観光スポットにはSDGsの17のゴールが紐づき、ひと目でSDGsスポットが学べるものとなっています。修学旅行での学びはもとより、その後ご家族等で沖縄へ再訪する際にも役立つ教材となっています。

チラシの画像チラシの画像

教育旅行におけるSDGs企画提案( ㈱近畿日本ツーリスト首都圏 )

㈱近畿日本ツーリスト首都圏では、SDGsは私たち自身の課題であるととらえ、教育旅行における企画提案を行っています。2019年度には、正則学園高等学校、コクヨ㈱とともに、SDGsプログラム「琵琶湖を通じてSDGsを学ぼう」を立ち上げ、共に学びを深めました。

SDGsプログラム参加者SDGsプログラム参加者

駅からはじめるSDGsプロジェクト( ㈱アド近鉄 )

㈱アド近鉄は、2021年6月、大阪阿部野橋駅に募金型デジタルサイネージを設置し、寄付を通してSDGs活動への参加を呼びかけるプロジェクトを開始しました。寄付は1回100円で、寄付と連動してデジタルサイネージにSDGsの目標に沿ったアニメーションが流れ、集まった寄付金はSDGsに関する活動団体へ手数料を除き全額寄付されます。日常生活の場である駅で情報発信することで、SDGsの認知度をより一層高めるだけでなく、駅利用者が「楽しく」「気軽に」SDGs活動に参加してもらえるような取り組みを目指します。

募金型デジタルサイネージ募金型デジタルサイネージ

「御在所ユニセフDAY~みんなで達成しようSDGs 夏休み~」開催( 御在所ロープウエイ㈱ )

御在所ロープウエイ㈱は、2020年8月、御在所岳山上公園にある「ございしょ自然学校」にて、「御在所ユニセフDAY」を開催しました。ユニセフ活動の啓発普及やSDGsの取組みと理解についての講演、DVD上映やパネル展示などを行い、学生たちに自然の中で楽しく体験していただきました。

御在所ユニセフDAYの様子御在所ユニセフDAYの様子
御在所ユニセフDAYの様子御在所ユニセフDAYの様子

SDGsについて学ぶ大学生への調査協力

当社は、2021年11月、大学生が「私たちにできるSDGs」という映像作品として大学内で発表する取組みに対して協力しました。近鉄グループのSDGsの取組みについて紹介し、あべのハルカスの環境と安全の取組みや、地域と共に商品開発を行う「irodori kintetsu」のアンテナショップ、大阪阿部野橋駅に設置している「SDGs募金箱」などを見学いただきました。

SDGsヒアリングの様子SDGsヒアリングの様子
SDGs募金箱(大阪阿部野橋駅)SDGs募金箱(大阪阿部野橋駅)
あべのハルカスの設備見学(バイオガス発電など)あべのハルカスの設備見学(バイオガス発電など)
あべのハルカスの耐震設備見学あべのハルカスの耐震設備見学

TOPに戻る