大和文華館

出版物

季刊「美のたより」バックナンバー

季刊「美のたより」は昭和42年(1967)創刊の友の会会報です。バックナンバーを順次公開いたします。(現在の公開はNo.1~No.209までです)
2021年 秋 (No.216)
美術の窓(158) 「日本橋図」の定型 館長 浅野秀剛
特別展「天之美禄 酒の美術」展によせて 光明真言功徳絵詞-仏教における飲酒- 学芸部 瀧朝子
「雪村とその時代」展によせて 雪村の「書画図」と「宮女図屏風」 学芸部 泉万里
研究ノート 大和文華館蔵「契会図」(朝鮮王朝時代)について-日本における受容- 学芸部 都甲さやか 
2021年 夏 (No.215)
美術の窓(157) 文華苑の花 館長 浅野秀剛
旅の美術展によせて 現地の実感を伝える絵画 学芸部 仁方越洪輝
祈りと救いの仏教美術展によせて 「法然上人絵伝断簡」(大和文華館蔵)について-「拾遺古徳伝絵」の可能性- 学芸部 泉万里
研究ノート 柳沢淇園の大坂石街滞在に関する論文・史料について 学芸部 宮崎もも
2021年 春 (No.214)
美術の窓(156) 古書目録福袋と梅雪堂貞道 館長 浅野秀剛
桃山・江戸文化の輝き展によせて 渡辺始興筆「四季花鳥図押絵貼屏風」に描かれる花鳥とその並び順について 学芸部 宮崎もも
富岡鉄斎と近代の日本画展によせて 正気、邪を駆る-富岡鉄斎「朱描鍾馗図」(1907年)と東アジアの鍾馗図について 学芸部 都甲さやか
研究ノート 江戸時代後期の安珍清姫物語絵巻 学芸部 泉万里
2021年 冬 (No.213)
美術の窓(155) 河村岷雪『百富士』と歌川広重「東海道五拾三次」 館長 浅野秀剛
「大人の嗜み」展によせて 「花車図屏風」と「立花図屏風」 学芸部 泉万里
「中国青花と染付磁器」展によせて 明~清時代の青花と鹿背山焼 学芸部 瀧朝子
研究ノート 清初の安徽地方の山水画-査士標「赤壁図」(個人蔵)を中心に- 学芸部 都甲さやか
2020年 秋 (No.212)
美術の窓(154) 「漫画」の語の初出をめぐって 館長 浅野秀剛
「墨の天地」展によせて 黄山の松-「擾龍松」を描く作品を中心に- 学芸部 都甲さやか
「文字の魅力・書の美」展によせて 寛永の三筆の書と料紙 学芸部 宮崎もも
研究ノート 「京畿遊歴図冊」(大和文華館蔵)について-画家の関心- 学芸部 仁方越洪輝
2020年 夏 (No.211)
美術の窓(153) 古賀太『美術館の不都合な真実』の読書感想文 館長 浅野秀剛
「開館60周年記念 コレクションの歩み展Ⅰ」によせて 「寝覚物語絵巻」の春の庭と奏楽 ―拍板をめぐって 学芸部 泉万里
「鏡中之美」展によせて 生前の行いを映す業鏡の役割 学芸部 瀧朝子
研究ノート 浦上春琴筆「花卉・唐子遊図衝立」(倉敷山田コレクション蔵)の花卉図について 学芸部 宮崎もも
2020年 春 (No.210)
美術の窓(152) 「東海道」の「丸子(鞠子)」図 館長 浅野秀剛
「開館60周年記念 コレクションの歩み展Ⅰ」によせて 開館60周年に種田虎雄氏を思う 学芸部 泉万里
「開館60周年記念 コレクションの歩み展Ⅱ」によせて 大和文華館コレクションの中のコレクション 学芸部 宮崎もも
研究ノート 原三渓と仏教絵画 学芸部 古川攝一
2020年 冬 (No.209)
美術の窓(151) 大浮世絵展  ( 1,045KB) 館長 浅野秀剛
新春を迎えて展によせて 吉野の桜を描いた屏風  ( 965KB) 学芸部 古川攝一
水のめぐみ大地のみのり展によせて 東アジアの蔬菜図―瓜のモチーフをめぐって―  ( 1,071KB) 学芸部 都甲さやか
研究ノート 陶磁器における人物図の表現―白鶴美術館所蔵「五彩武人図有蓋壺」  ( 1,069KB) 学芸部 瀧朝子