展覧会

HOME > 展覧会 > 茶の湯の美術

茶の湯の美術 タイトル画像

2019年4月12日(金)~5月19日(日)
月曜日休館(ただし、4月29日〈祝〉、5月6日〈振休〉は開館し、5月7日〈火〉は休館)
開館時間 午前10時~午後5時(入館は午後4時まで)
入館料 一般 620円 高校・大学生 410円 小学・中学生 無料
※20名以上の団体は相当料金の2割引で引率者1名無料
※「障がい者手帳」をお持ちの方とご同伴者1名2割引
色絵おしどり香合 野々村仁清作 日本・江戸時代
色絵おしどり香合
野々村仁清作
日本・江戸時代


茶を飲む風習は、奈良・平安時代に中国から日本に伝えられ、鎌倉時代には禅宗とともに抹茶の喫茶法がもたらされます。喫茶は禅寺における生活規範として位置づけられ、社交の道具として武家の間にも広まります。室町時代には、権力者たちが唐物を飾り立てた豪華な空間で喫茶を楽しみました。その一方で室町時代後期頃より、禅を礎にして精神性を重んじた佗び茶が生まれ、深められていきました。桃山から江戸時代にかけては、時代を先導する多彩な茶人たちが輩出されます。茶人たちは、自らの茶風に合う道具を選び取り、新しい道具の創出にも関わりました。こうして喫茶の風習は、多様な分野の美意識を結集した独自の文化、茶の湯となったのです。近代には、多くの財界人たちが茶の湯に親しみ、著名な茶道具を蒐集するとともに、茶席に新たな種類の美術品を飾りました。

墨蹟虎丘十詠跋 霊石如芝筆 中国・元時代
墨蹟虎丘十詠跋 霊石如芝筆
中国・元時代

館蔵の絵画・書跡・工芸を通して、美術品の鑑賞、創造と深く結びついた奥深い茶の湯の世界へと誘います。

出陳品 79件
【喫茶の歴史】
造東大寺勧進栄西書状日本・鎌倉時代
【唐物の茶】
重要文化財秋塘図伝趙令穣筆中国・北宋時代
国宝雪中帰牧図李迪筆中国・南宋時代
重要文化財蜀葵遊猫図・萱草遊狗図伝毛益筆中国・南宋時代
青磁鯱耳瓶中国・南宋時代
油滴天目碗中国・南宋時代
【侘び茶の誕生】
武野紹鴎書状日本・室町時代
重要文化財墨蹟法語虎関師錬筆日本・南北朝時代
小倉色「天の原」日本・鎌倉時代
斗々屋手茶碗朝鮮・朝鮮王朝時代
【侘び茶の展開】
千少庵書状日本・桃山時代
古田織部書状日本・桃山時代
赤織部瓜文角皿日本・桃山時代
黒楽茶碗日本・桃山-江戸時代
小堀遠州書状日本・江戸時代
金森宗和書状日本・江戸時代
色絵おしどり香合野々村仁清作日本・江戸時代
一閑蒔絵枝垂桜文棗日本・江戸時代
【近代数寄者の茶】
重要文化財小大君像(佐竹本三十六歌仙絵断簡)日本・鎌倉時代
など
会期中のイベント
会期中のイベント
特別講演 5月12日(日)
14:00から 講堂にて
「日本の喫茶文化とわび数寄」 茶道資料館副館長・今日庵文庫長
伊住禮次朗氏
日曜美術講座 4月28日(日)
14:00から 講堂にて
「茶の湯と原三渓と大和文華館」 当館学芸部係長 宮崎もも
列品解説 毎週土曜日14:00から展示場にて(当館学芸部による)
※何れも参加は無料ですが、入館料が必要です。