大和文華館

コレクション

重要美術品

銅製貼銀鎏金双鳳狻猊文八稜鏡
(どうせいちょうぎんりゅうきんそうほうさんげいもんはちりょうきょう)

唐時代
径15.2cm、厚1.2cm

本鏡は白銅製で、背面には銀板に文様を打ち出し、文様部分に鍍金を施して貼り付けています。鈕(ちゅう)は獣形で、周囲には石榴果を付けた植物文を背景に、交互に狻猊(獅子)と鳳凰、上空に鳥が置かれ、これらが同じ方向に旋回しています。地には魚々子が充塡されています。類品に陝西歴史博物館蔵品(唐時代・八世紀前半)などがあり、瑞獣と鳥、唐草文などが整然と、しかし自然で動的な姿態であらわされています。本鏡は文様が画面内にやや大きく並置的に配され、魚々子もわずかに大きいため、それよりやや後出と考えられます。西域から伝来した唐草文様や打ち出しなどの金工技術は唐時代に成熟の域に達します。東西交流が盛んに行われた時代だからこそ生み出された造形といえます。

金工