展覧会

HOME > 展覧会 > 特別展 柳沢淇園-文雅の士・新奇の画家-

特別展 柳沢淇園-文雅の士・新奇の画家-

2017年10月7日(土)~11月12日(日)
月曜日休館(ただし10月9日<祝>は開館し、翌10日<火>に休館)
開館時間 午前10時~午後5時(入館は午後4時まで)
入館料 一般 930円 高校・大学生 720円 小・中学生 無料

共催:読売新聞社 / 特別協力:公益財団法人郡山城史跡・柳沢文庫保存会

後援:奈良市、奈良市教育委員会、大和郡山市、大和郡山教育委員会、近鉄不動産株式会社

果物籠図 柳沢淇園筆 頴川美術館蔵
果物籠図 柳沢淇園筆 頴川美術館蔵

日本の文人画の先駆者と称される柳沢淇園は、元禄十六年(1703)、柳沢吉保の筆頭家老である柳沢(曾禰)保挌の次男として江戸に生まれました。淇園は、吉保のもとに集った学者や黄檗僧などと交流を持ち、最先端の文化を吸収しつつ成長しました。殊に絵画に優れ、長崎派の画家英元章(吉田秀雪)に師事して「唐絵」を学びました。享保九年(1724)、主家の転封に伴い大和国郡山に移り住み、同十二年には藩主の吉里(吉保の子)より里の一字を賜り、里恭と改名します。「不行跡」のため処分を受けるという挫折も経験しますが、同十五年に家督を継ぎます。四十代に公務が充実するようになると、作品制作も活発化し、宝暦八年(1758)に没するまで絵画に真摯に向き合いました。

大黒天図 柳沢淇園筆 MIHO MUSEUM蔵
大黒天図 柳沢淇園筆
MIHO MUSEUM蔵

淇園の絵画は、濃彩で精緻に描く人物図や花果図が主であり、文人画で主流となる柔らかな筆墨を用いた「南宗様式」とは異なります。しかし、高い身分に生まれて教養を積み、為政に関わりつつ絵画表現を模索する生き方は、理想とされる伝統的知識人に最も近いと言えます。

本展は、日本の文人画の胎動期に光彩を放った柳沢淇園を取りあげる約五十年ぶりの展覧会です。淇園の充実した作品とともに、淇園に影響を与えた黄檗の絵画や、淇園より影響を受けた次世代の文人画家の作品も併せて展示し、その生涯に迫ります。

出陳品 79件

※会期中、展示替を行います。【前期:10/7~10/22 | 後期:10/24~11/12】

【淇園の境遇-主家と生家-】
『曾禰氏系譜』 公益財団法人郡山史跡・柳沢文庫保存会蔵 全期間
【淇園の関心-黄檗美術と古画-】
達磨図 逸然性融筆 神戸市立博物館蔵 全期間
臥遊千里図画冊 唐招提寺蔵 全期間
【淇園の人物図】
羅漢図 柳沢淇園筆 恵林寺蔵 全期間
関羽図 柳沢淇園筆・柳沢信鴻賛 東京国立博物館蔵 全期間
【淇園の花果図・花鳥図】
蘭花果実図 柳沢淇園筆 個人蔵 全期間
雪中梅花小禽図 柳沢淇園筆 個人蔵 全期間
【淇園の墨戯】
指墨竹図 柳沢淇園筆 個人蔵 後期
墨竹図 柳沢淇園筆 MIHO MUSEUM蔵 前期
【淇園の墨跡・書簡】
五言律詩三行書 柳沢淇園筆 個人蔵 後期
蜂兄宛書簡 柳沢淇園筆 個人蔵 全期間
【淇園の著作・版本】
『ひとりね』 天理大学附属天理図書館蔵 前期
『日記』 柳沢淇園筆 宇賀志屋文庫蔵 全期間
【淇園周辺の新たな潮流-南蘋風と文人画-】
海棠黄鳥図 鶴亭筆・柳沢淇園賛 長崎歴史文化博物館蔵 全期間
墨竹図 木村蒹葭堂筆 個人蔵 前期
会期中のイベント
講演会 10月22日(日)
14:00から講堂にて
「南海・百川・そして淇園
-江戸時代初期文人画家の中国絵画学習を中心に-」
東京文化財研究所
研究員 安永拓世氏
講演会 10月29日(日)
14:00から講堂にて
「柳大夫・柳沢淇園の芸術」 大阪大学教授 橋爪節也氏
日曜美術講座 11月5日(日)
14:00から講堂にて
「柳沢淇園と酒井抱一
-貴公子画家の魅力-」
当館学芸係長 宮崎もも
列品解説 毎週土曜日14:00から展示場にて(当館学芸部による)
※何れも参加は無料ですが、入館料が必要です。