展覧会

HOME > 展覧会 > 特別企画展 中世の人と美術

特別企画展 中世の人と美術

2015年8月21日(金)~10月4日(日)
月曜日休館(ただし、9月21日〈祝〉は開館し、24日〈木〉が休館)
入館料 一般620円 高校・大学生410円 小学・中学生 無料
後援:東京大学史料編纂所、奈良県教育委員会、奈良市教育委員会
柿本宮曼荼羅
柿本宮曼荼羅

日本の中世は、社会の体制や権力構造が大きく転換し、美術を生み出す人々の層が大きく広がりました。絵画に落款が認められ、描いた人物の名前が明らかにされたり、公文書にはサインである花押が用いられるなど、個性や個人に目が向き、意識された時代でもあります。天皇や公家のみならず、武士や僧侶にも個性あふれる様々な人物が活躍します。

展覧会ではこうした中世を生きた人々に注目し、日記や消息、僧侶の肖像、墨蹟、祖師絵伝、社寺縁起などを展示いたします。中でも、南北朝時代に活躍した中院通冬(1315~1363)の自筆日記である『中院一品記』の断簡が、同時代の公家である洞院公賢(1291~1360)の自筆書状の紙背として当館に所蔵されます。日記の大部分は東京大学史料編纂所に所蔵され、このたび修理が行われたのを機に、当館所蔵断簡との接続部分を特別に展示いたします。また、公賢が石山寺座主・益守とともに企画した「石山寺縁起絵巻」のうち第五巻と、同巻と同じ絵師が描いたとされ、室町幕府六代将軍足利義教によって奉納された「誉田宗庿縁起絵巻」下巻も特別出陳されます。激動の中世を生きた人々の美意識とまなざしをお楽しみ下さい。

石山寺縁起(巻第五)石山寺蔵 石山寺縁起(巻第五)部分
石山寺蔵

誉田宗庿縁起(下巻)部分 誉田八幡宮蔵 誉田宗庿縁起(下巻)部分
誉田八幡宮蔵
出陳品 約90件
【祖師へのまなざし】
重要文化財 誉田宗庿縁起 下巻 室町時代 誉田八幡宮蔵
重要文化財 維摩居士像 文清筆 室町時代 大和文華館蔵
重要美術品 龍湫周沢像   室町時代 大和文華館蔵
【霊地へのまなざし】
重要文化財 笠置曼荼羅   鎌倉時代 大和文華館蔵
重要文化財 柿本宮曼荼羅   鎌倉時代 大和文華館蔵
重要文化財 石山寺縁起 巻第五 室町時代 石山寺蔵
【自然へのまなざし】
重要文化財 竹雀図 可翁筆 南北朝時代 大和文華館蔵
  松雪山房図   室町時代 大和文華館蔵
  松梅佳処図   室町時代 大和文華館蔵
【当世へのまなざし―「中院一品記」の世界―】
  中院一品記   南北朝時代 東京大学史料編纂所蔵
  中院一品記断簡   南北朝時代 京都大学総合博物館蔵
  中院通冬記   江戸時代 京都大学附属図書館蔵
  中院通冬記裏書文書   江戸時代 京都大学附属図書館蔵
会期中のイベント
シンポジウム 9月20日(日)
13:00から講堂にて
「文化財を守り、未来へ伝えるために―「中院一品記」修理事業から―」 基調講演:
福岡大学教授 森茂暁氏
報告・ディスカッション:
東京大学史料編纂所所員ほか
特別講演 9月27日(日)
14:00から講堂にて
「聖者の群像、霊地の形象―「誉田宗庿縁起絵巻」「石山寺縁起絵巻」を読み解く―」 東京大学准教授 髙岸輝氏
日曜美術講座 8月30日(日)
14:00から講堂にて
「中院通冬が生きた時代の美術―14世紀美術の一側面―」 当館学芸員 古川攝一
講座 美術の窓 9月13日(日)
14:00から講堂にて
「江戸の千社札」 当館館長 浅野秀剛
列品解説 毎週土曜日14:00から展示場にて (当館学芸部による)
※何れも参加は無料ですが、入館料が必要です。