展覧会

HOME > 展覧会 > 国宝「松浦屏風」と桃山・江戸の絵画-都市のにぎわいと成熟-

国宝「松浦屏風」と桃山・江戸の絵画-都市のにぎわいと成熟-

2017年4月14日(金)~5月14日(日)
毎週月曜日休館
入館料 一般620円 高校・大学生 410円 小学・中学生 無料

婦女遊楽図屏風(松浦屏風)左隻・部分
婦女遊楽図屏風(松浦屏風)左隻・部分

大きな戦乱を経て、泰平の世へと歩みを進めた桃山・江戸時代には、都市が発達し街道が整備され、人や物資、情報の往来が活発となり、庶民の力も躍動します。現世を肯定的に捉え、暮らしや遊びが積極的に楽しまれました。遊里や芝居小屋などにおける華やかな遊楽に目を向けた風俗画が隆盛し、都市のにぎわいを活き活きと伝えてくれます。庶民が力を付けたこの時代には、古くからの憧れである王朝文化や中国文化も広い階層で楽しまれるようになります。伝統的な画派とともに新興の画派も活躍し、古典を学びつつ新しい絵画表現を工夫して多様な関心に応えました。西洋からの文化も大きな刺激となりました。桃山から江戸時代初期には南蛮貿易によって、江戸時代中期以降は洋書輸入の制限緩和によって、西洋の知識や文物がもたらされ、西洋の影響を受けた作品が描かれるようになります。

江の島図 小田野直武筆
江の島図 小田野直武筆

本展観では、国宝「松浦屏風」をはじめとする風俗画や、伝統ある土佐派や狩野派の作品、王朝文化を豊かに再興した琳派の作品、西洋文化の刺激を受けた洋風画などを展示いたします。好奇心旺盛で活気に満ちた桃山・江戸時代の文化の粋をお楽しみください。

出陳品 41件
【祭礼・遊楽-都市文化のにぎわい-】
重要美術品 阿国歌舞伎草紙   桃山時代
国宝 婦女遊楽図屏風(松浦屏風)   江戸時代前期
重要美術品 美人図 宮川長春筆 江戸時代中期
【物語・歌仙-王朝文化へのあこがれ-】
僧形歌仙図 俵屋宗達筆 江戸時代前期
三十六歌仙色紙貼屏風   江戸時代中期
重要文化財 八橋図・雪枯芦図扇面(扇面貼交手筥のうち) 尾形光琳筆 江戸時代中期
【故事人物・山水-中国文化へのあこがれ-】
維摩居士図 狩野山雪筆 江戸時代前期
古画縮図(布袋) 狩野探幽筆 江戸時代前期
【西洋人物・風景-西洋文化のおとずれ-】
婦女弾琴図 信□印 桃山時代
オランダ海港図 荒木如元筆 江戸時代後期
江の島図 小田野直武筆 江戸時代後期
ほか
会期中のイベント
特別講演 5月7日(日)
14:00から講堂にて
「西洋に学び、西洋と遊ぶ-近世の異国趣味美術-」 早稲田大学教授 成澤勝嗣氏
日曜美術講座 4月23日(日)
14:00から講堂にて
「近衛家旧蔵の三十六歌仙色紙貼屏風をめぐって」 当館学芸員 宮崎もも
列品解説 毎週土曜日14:00から展示場にて(当館学芸部による)
※何れも参加は無料ですが、入館料が必要です。