展覧会

HOME > 展覧会 > 特別企画展 宋と遼・金・西夏のやきもの

特別企画展 宋と遼・金・西夏のやきもの タイトル画像

2018年1月5日(金)~ 2月18日(日)
月曜日休館<ただし、1月8日・2月12日(月・祝)は開館し、翌1月9日・2月13日(火)は休館>
開館時間 午前10時~午後5時(入館は午後4時まで)
入館料 一般 620円 高校・大学生 410円 小・中学生 無料
白地黒花鯰文枕 大和文華館蔵
白地黒花鯰文枕
大和文華館蔵


三彩印花牡丹文長盤 愛知県陶磁美術館蔵(小川徳男コレクション)
三彩印花牡丹文長盤
愛知県陶磁美術館蔵
(小川徳男コレクション)

中国の北宋から南宋時代(北宋:960-1127年、南宋:1127-1279年)にかけては、中国全土に多くの窯が築かれ、活発に陶磁器が作られました。北方では耀州窯や定窯、磁州窯、鈞窯など、南方では龍泉窯や南宋官窯、建窯、吉州窯などが台頭し、多様な陶磁器が登場するようになります。この背景には、陶磁器を享受する層が民衆へと拡大し、需要が高まったことが挙げられます。

多様な需要に応えて装飾技法も発達し、印花や刻花、劃花など凹凸による施文技法や、唐三彩の流れを受け、色釉を駆使した技法も展開されます。それらは唐時代までの技法を受け継ぐだけでなく、技術や作風を取り入れた新しい陶磁器としても生み出されています。

また、北方に勢力を持った契丹族の遼(907-1125年)やタングート族による西夏(1038-1227年)、女真族による金(1115-1234年)においても、磁州窯や定窯、三彩技法など中原の影響を受けながら製陶が行われ、それぞれに特色を持った陶磁器が作り出されています。これらの国々が栄えた時代は、中国陶磁史の中でも特に華やかな様相を呈する時代といえるでしょう。

本展覧会では、10世紀から13世紀における中国陶磁の展開を、館蔵品と特別出陳の作品によって展示します。中原のみならず、北方で展開された遼、西夏、金の陶磁器にも注目し、その様相や中原の陶磁器との関係を改めて考えることで、当時の流行や美意識を反映した中国陶磁の多様性を追う内容とします。

出陳品 81件
【北宋】
重要美術品青磁多嘴壺北宋・元豊三年(1080)銘 龍泉窯
青磁雕花蓮華文瓶北宋 耀州窯
白磁刻花蓮華文輪花鉢北宋 定窯
柿磁金彩碗北宋 定窯
青白磁輪花盃北宋 景徳鎮窯
白地黒掻落緑釉牡丹文瓶北宋 磁州窯
三彩浮彫鹿文枕北宋~金 磁州窯
【遼】
鳳首掻落緑釉牡丹文瓶遼 缸瓦窯
黄釉瓢形水注遼 缸瓦窯愛知県陶磁美術館
黄釉印花唐草文碗遼 缸瓦窯愛知県陶磁美術館
白釉緑彩鶏冠壺京都大学総合博物館
緑釉鶏冠壺京都大学総合博物館
三彩印花漁文長盤遼 缸瓦窯
白釉碗京都大学総合博物館
蕎麦釉壺京都大学総合博物館
蕎麦釉皿京都大学総合博物館
【南宋】
青磁鯱耳瓶南宋 龍泉窯
玳玻釉碗南宋 吉州窯
油滴天目碗南宋 建窯
【西夏】
黒掻落牡丹文壺霊武窯
【金】
紅斑文盤北宋~金 釣窯
月白盃金~元 釣窯
黒釉銹花太白尊金~元
黒釉白堆線文水注金 磁州窯系
白磁印花蓮花文盤北宋~金 定窯
※所蔵表記のないものは大和文華館所蔵。
会期中のイベント
特別講演 2月11日(日)
14:00から講堂にて
「遼(契丹)文化研究の過去と現在:戦前日本人の調査・研究から近年の新発見まで」 京都大学人文科学研究所
准教授 古松崇志氏
日曜美術講座 1月28日(日)
14:00から講堂にて
「遼のやきもの-その独自性と魅力-」 当館学芸部 係長 瀧朝子
文華苑講座 1月21日(日)
14:00から講堂にて
「私たちのくらしと生物多様性-自然が大切なのはなんでだろう?」 森と水の源流館 木村全邦氏
列品解説 毎週土曜日14:00から展示場にて(当館学芸部による)
※何れも参加は無料ですが、入館料が必要です。