展覧会

HOME > 展覧会 > 豊かなる日本のやきもの-縄文から江戸まで-

豊かなる日本のやきもの-縄文から江戸まで-

2015年7月3日(金)~8月16日(日)
月曜日休館(ただし、7月20日〈祝〉は開館し、翌21日〈火〉が休館)
入館料 一般620円 高校・大学生410円 小学・中学生 無料
後援:奈良県教育委員会、奈良市教育委員会
色絵菊花文八角瓶 色絵菊花文八角瓶

日本のやきものの歴史は世界的に見ても古く、一万年以上遡ると言われる縄文土器より始まります。土器の時代が長らく続いた後、中国大陸や朝鮮半島から技術が伝わり、古墳時代にはろくろ成形し還元焼成する須恵器が、奈良時代には人工的に釉薬をかける施釉陶が登場します。中世に入ると、六古窯をはじめ、日本各地でやきものが焼かれるようになります。中国のやきものを理想とした優美な施釉陶も作り続けられますが、素朴で力強い焼締陶が多くを占めています。

日本のやきものの歴史に大きな展開を加えたのが、茶の湯の隆盛です。特に桃山時代には茶陶が盛んに作られ、歪んだ器形や斬新な文様など、新たなやきものの魅力が引き出されました。さらに江戸時代には、高温で硬く焼成され、透明感のある白色を呈した磁器の生産が可能になるとともに、磁器や陶器に美しい絵付けを施す技術が発展します。その技術は各地へ伝播し、日本のやきものはますます幅広い魅力を誇ることとなります。

新しい技術の刺激を受けつつ、時代の美意識や用途を反映して豊かに展開してきた日本のやきものの多彩な美しさをお楽しみください。

檜垣彫文壺 檜垣彫文壺
出陳品 約90件
【やきものの始まり】土器の誕生と展開
  縄文大壺     縄文時代
重要文化財 埴輪鷹狩男子像     古墳時代
【古代のやきもの】須恵器・施釉陶の誕生と展開
  須恵器𤭯     古墳~飛鳥時代
  二彩碗     奈良時代
【中世のやきもの】焼締陶と施釉陶の隆盛
  灰釉壺   丹波 鎌倉時代
  檜垣彫文壺   信楽 室町時代
  灰釉印花巴文瓶子   瀬戸 鎌倉時代
【近世のやきもの(1)】茶陶の隆盛
  志野柳文鉢   美濃 桃山時代
  赤織部瓜文角皿   美濃 桃山時代
  奥高麗茶碗   唐津 江戸時代前期
【近世のやきもの(2)】磁器の誕生と展開
  染付草花文大皿   有田(伊万里) 江戸時代前期
  色絵菊花文八角瓶   有田(柿右衛門) 江戸時代中期
  染付山水文扇形皿   亀山 江戸時代後期
【近世のやきもの(3)】色絵陶器の誕生と展開
  色絵おしどり香合 野々村仁清作 京都 江戸時代前期
  赤絵竜文盃 青木木米作 京都 江戸時代後期
会期中のイベント
特別講演 7月19日(日)
14:00から講堂にて
「桃山の茶陶-茶碗を楽しむ-」 京都国立博物館副館長 伊藤嘉章氏
日曜美術講座 8月2日(日)
14:00から講堂にて
「京焼の魅力-江戸時代後期の作品を中心に-」 当館学芸員 宮崎もも
列品解説 毎週土曜日14:00から展示場にて (当館学芸部による)
※何れも参加は無料ですが、入館料が必要です。