展覧会

HOME > 展覧会 > 特別展 没後300年 画僧古磵

特別展 没後300年 画僧古磵

2017年5月20日(土)~7月2日(日)
毎週月曜日休館
入館料 一般 930円 高校・大学生 720円 小学・中学生 無料

主催:大和文華館

共催:読売新聞社

特別協力:法相宗大本山 薬師寺

後援:奈良市、奈良市教育委員会、大和郡山市、大和郡山市教育委員会、奈良交通株式会社

助成:芸術文化振興基金

大経曼荼羅図(部分)浄国院蔵
大経曼荼羅図(部分)浄国院蔵

明誉古磵(1653~1717)は江戸時代前半に活躍した浄土宗僧侶です。京都や奈良で絵画制作を行う画僧でもありました。現存作例には、本格的な著色仏画や社寺縁起絵巻、水墨技法を用いた俳画を想起させる簡略な筆致の作例、さらには仏教説話版本の挿図があり、幅広い画風が注目されます。

大黒天図 宇賀志屋文庫蔵
大黒天図 宇賀志屋文庫蔵

今年は、古磵没後300年にあたり、多岐にわたる画業を紹介する特別展を開催いたします。古磵は『古画備考』や『和漢名画苑』に掲載される、当時の有名な画僧ですが、現在その名を知る人は多くありません。彼は琳派の大成者である尾形光琳(1658~1716)と同時代を生きており、この機会に画僧古磵の多彩な画技とその魅力を味わっていただければ幸いです。古磵の主要作品が一堂に会する、初めての展覧会となります。
なお、本特別展は、古磵作品を最も多く所蔵する法相宗大本山薬師寺の御協力を頂き、主要な所蔵作品が出陳されます。

出陳品 52件

※会期中、展示替を行います。前期:5月20日(土)~6月11日(日) / 後期:6月13日(火)~7月2日(日)

【曼荼羅】
当麻曼荼羅図 法隆寺
当麻曼荼羅図 報恩寺
大経曼荼羅図 浄国院
阿弥陀経曼荼羅図 太宗寺
薬師浄土曼荼羅図 薬師寺
【社寺縁起】
薬師寺縁起絵巻 薬師寺
植槻道場縁起絵巻 植槻八幡神社
円光大師贈号絵巻 知恩院
浪速一心寺縁起絵巻 一心寺
大仏殿虹梁木曳図 東大寺
【祖師像】
涅槃図 光伝寺
釈迦十六羅漢図 薬師寺
法相十八祖像 薬師寺
慈恩大師像 法隆寺
【水墨画】
富嶽図襖絵 薬師寺
山水図屏風 本家菊屋
四季耕作図 奈良県立美術館
大黒天図 画僧古磵研究会
大黒天図 宇賀志屋文庫
弁財天図 永慶寺
など
会期中のイベント
講演会 6月25日(日)
14:00から講堂にて
「画僧古磵の生涯と絵解き」 法相宗大本山 薬師寺 執事 大谷徹奘氏
日曜美術講座 6月4日(日)
14:00から講堂にて
「江戸時代の画僧-古磵を基軸として-」 当館学芸員 古川攝一
講座 美術の窓 6月18日(日)
14:00から講堂にて
「画僧古磵の版本挿図について」 当館館長 浅野秀剛
列品解説 毎週土曜日14:00から展示場にて(当館学芸部による)
大谷徹奘氏による特別解説 5月20日(土)午前11時・午後2時
5月31日(水)午前11時・午後2時
6月13日(火)午後2時
6月17日(土)午前11時・午後2時
7月2日(日)午前11時・午後2時
※何れも参加は無料ですが、入館料が必要です。