展覧会

HOME > 展覧会 > 大和文華館の中国・朝鮮絵画

大和文華館の中国・朝鮮絵画 タイトル画像

2018年8月24日(金)~9月30日(日)
月曜日休館(ただし、9月17日<祝>、24日<振替休日>は開館し、翌18日〈火〉、25日〈火〉は休館)
開館時間 午前10時~午後5時(入館は午後4時まで)
入館料 一般 620円 高校・大学生 410円 小学・中学生 無料
※20名以上の団体は相当料金の2割引で引率者1名無料
※「障がい者手帳」をお持ちの方とご同伴者1名2割引
煙寺暮鍾図 伝安堅筆 朝鮮・朝鮮王朝時代
煙寺暮鍾図 伝安堅筆
朝鮮・朝鮮王朝時代


大和文華館では設立以来、東アジア諸国の幅広い古美術作品を蒐集してきました。その中でも中国・朝鮮の絵画コレクションは、両国の長い歴史と文化、風土のもとに醸成された美を通覧できる、充実したものとなっています。

描かれるテーマは、山水画、花鳥画、道釈画そして人物画などがあり、作品のひとつひとつに、その時代の人々に求められ、生み出されたというエピソードがあります。例えば、宮廷を飾るために描かれた画、文人が自らの心情を託した画、そして民衆の売り物として作られた画など、その背景はじつに多彩です。また隣あう両国は、美術においても大いに刺激を与えあってきました。絵画における共通するテーマや表現に、各時代における交流の跡をうかがうことができます。更に両国の絵画は、海を隔てた隣国である日本にも伝わって珍重され、様々な作品が生み出される契機になるのです。

仕女図巻(部分) 伝仇英筆・文徴明詞書 中国・明時代
仕女図巻(部分) 伝仇英筆・文徴明詞書
中国・明時代

本展観では、かつて室町将軍家の所蔵にあった国宝/李迪筆「雪中帰牧図」をはじめ、当館が世界に誇る中国・朝鮮の絵画を一堂に展示します。両国の美の精粋を、作品が生まれた時代の息吹を感じつつ、ぜひご堪能ください。

出陳品 約47件
【山水を描く】
重要文化財秋塘図伝趙令穣筆中国・北宋時代
国宝雪中帰牧図(双幅)李迪筆中国・南宋時代
越中真景図冊張宏筆中国・明時代
太平山水図集蕭雲従原画 劉栄・湯尚版刻中国・清時代
煙寺暮鍾図伝安堅筆朝鮮・朝鮮王朝時代
冠岳夕嵐図鄭敾筆朝鮮・朝鮮王朝時代
【植物を描く】
墨竹図詹景鳳筆中国・明時代
墨菜図栖巌鳳臣筆中国・清時代
葡萄図李継祜筆朝鮮・朝鮮王朝時代
【人の姿を描く】
仕女図巻伝仇英筆・文徴明詞書中国・明時代
閻相師像伝郎世寧筆中国・清時代
美人弾琴図中国・清時代
寿老図金明国筆、金義信賛朝鮮・朝鮮王朝時代
など
会期中のイベント
特別講演 9月17日(月・祝)
14:00から講堂にて
「明清版画から拡がる絵画世界
-陳洪綬と蕭雲従の挿絵本をめぐって-」
上智大学名誉教授
小林宏光氏
日曜美術講座 9月9日(日)
14:00から講堂にて
「古に倣い、古を想う-中国絵画における倣古図の広がり-」 当館学芸員
都甲さやか
講座 美術の窓 9月2日(日)
14:00から講堂にて
連続講座「浮世絵250年の歴史」第一回
「浮世絵の誕生―墨摺絵から紅摺絵へ」
当館館長
浅野秀剛
列品解説 毎週土曜日14:00から展示場にて(当館学芸部による)
※何れも参加は無料ですが、入館料が必要です。