• 開館時間 10時~17時(入館は16時まで)
  • 休館日 月曜日、年末年始、展示替期間
  • 電話番号 0742-41-6666
  • 所在地 〒631-0004 奈良市登美ヶ丘2丁目1番4号

お知らせ

2016/9/26
9月26日(月)から10月6日(木)まで展示替えのため休館いたします。
2016/9/26
10月7日(金)から11月27日(日)まで
特別展「花鳥画の心」展 ~ 受け継がれる東洋の自然観と理想世界 ~ を開催します。

割引入館券を近鉄の駅営業所にて販売しております。(学園前駅では販売しておりません。)
[詳しくはこちら]

  • 奈良市ななまるカード
    (優待乗車証・老春手帳)の取扱いについて
  • 平成27年4月1日より、入館料金の50%をご負担頂くこととなりましたので、ご理解くださいますようお願いいたします。
    なお、特別展は従来通り全額のご負担となります。

展覧会情報の詳細はこちら

徳岡神泉「後苑雨後」京都国立近代美術館蔵
徳岡神泉「後苑雨後」
京都国立近代美術館蔵

特別展「花鳥画の心」展
~ 受け継がれる東洋の自然観と理想世界 ~

平成28年10月7日(金)から11月27日(日)

四季に詠い自然と共生してきた日本人と日本の風土の中で独自に展開してきた花鳥画の世界。室町時代に、当時の明(中国)より輸入された宋・元の院体花鳥画を始祖とし、武家社会の隆盛と共に、桃山時代には一派を成した絵師による大和絵と水墨が融合した装飾的で華麗な表現の展開がみられます。そして江戸時代に入ると次第に鑑賞者の階層が広がり、町絵師によって、洗練した装飾的造形性をもつ琳派や、写生も取り入れ、それぞれの絵師独自の感性で描かれた個性豊かな花鳥画が多く生み出されました。さらに明治時代以降は、西洋画の影響のもとで、多様な表現が試され、近代絵画の一ジャンルとして現代に至っております。本展では各時代の特徴を示す作品を辿(たど)り、大切に受け継がれている東洋の自然観と作品に表現された深遠な理想世界を感じて頂くことで、未来へと向かう花鳥画に託された心に触れて頂く機会となることを願うものです。


  • あべのハルカス美術館
  • 大和文華館
  • Google Art Project

Copyright@Shohaku Museum of Art. All RightsReserved.

上へ戻る