• 開館時間 10時~17時(入館は16時まで)
  • 休館日 月曜日、年末年始、展示替期間
  • 電話番号 0742-41-6666
  • 所在地 〒631-0004 奈良市登美ヶ丘2丁目1番4号

展覧会案内

松園・松篁・淳之三代展~清らかな世界を想い描く~

上村松園「楊貴妃」(前期展示)
上村松園「楊貴妃」(前期展示)

平成29年10月1日(日)~ 平成30年2月4日(日)

前期:「四季に詠う」10月1日(日)~12月17日(日)
後期:「生命の詩」 1月5日(金)~2月4日(日)
※年末年始(12月18日(月)~1月4日(木))は休館

※前期、後期で大幅に展示替あり

上村松園、松篁、淳之の三代にわたる作品をご紹介します。 理想の女性像を描き続けた松園は、女性の内なる強さや美しさを優美で清澄な世界に描きだしました。 松篁の鳥や花に対する慈愛に満ちた視線は、穏やかで静かな作品を生み出します。 多くの鳥に囲まれて日々を過ごす淳之の花鳥画には、四季折々に見せる鳥たちの和やかな世界や、厳しい自然界の宿命を背負いながらも懸命に生きる鳥たちの生きざまが美しく描かれています。 松園、松篁、淳之の三人がそれぞれに追求した理想の世界は清らかで美しく、観る人をその世界に誘います。 制作の過程を知ることのできる下絵や素描とともに紹介します。

展覧会概要
展覧会名称開催期間主催
松園・松篁・淳之三代展~清らかな世界を想い描く~
前期:「四季に詠う」/ 後期:「生命の詩」
前期:平成29年10月1日(日)~ 12月17日(月)
後期:平成30年1月5日(金)~2月4日(日)
公益財団法人松伯美術館
・読売新聞社
休館日月曜日(但し、10月9日(月・祝)と1月8日(月・祝)は開館し、10月10日(火)と1月9日(火)は休館)
年末年始(12月18日(月)~1月4日(木))は休館します。
開館時間午前10時~午後5時(入館は午後4時まで)
入館料

大人(高校生・大学生含む)820円 小学生・中学生410円
※20名以上は団体割引1割引
※障がい者手帳のご提示によりご本人と同伴者1名まで2割引

●割引入館券の販売
割引入館券を近鉄の駅営業所にて販売しております。
※駅営業所の詳細は青字部分をクリックしてご確認ください。

大人(高校生・大学生含む)650円 小・中学生 320円
[ 発売期間:平成29年9月25日(月)~平成30年2月4日(日)]
※学園前駅では販売しておりません。

●奈良市ななまるカード(優待乗車証・老春手帳)の取扱いについて
平成27年4月1日より、入館料金の50%をご負担頂くこととなりましたので、
ご理解くださいますようお願いいたします。なお、特別展は従来通り全額のご負担となります。

美術講演会(展示室にて開催)
上村淳之(松伯美術館 館長)平成29年10月14日(土)14:00~15:00
※聴講無料、但し入館料が必要です。(事前申込は不要)着席数は約50席(立席で聴講いただいても結構です)
展示作品一覧
上村松園「楊貴妃」(前期展示)
上村松園「楊貴妃」(前期展示)
上村松園「鼓の音」(後期展示)
上村松園「鼓の音」(後期展示)
上村松篁「芥子」(前期展示)
上村松篁「芥子」(前期展示)
上村松篁「丹頂」(後期展示) 上村松篁「丹頂」(後期展示)
上村松篁「丹頂」(後期展示)
主な展示作品
上村松園
前期「楊貴妃」 / 後期「鼓の音」
上村松篁
前期「芥子」「真鶴」「月夜」「鶏」 / 後期「丹頂」
上村淳之
前期「憩」 / 後期「梅薫る」「集う」/
通期「四季花鳥図」
前期・後期 各50点(下絵・素描を含む)

※出品作品については、都合により変更する場合があります。

松園・松篁・淳之三代展~清らかな世界を想い描く~チラシ
展示会チラシのダウンロード

本展覧会のチラシをPDF形式でダウンロードいただけます。

  • PDFが開けない場合はこちらからダウンロードしてください
  • ABODE READER

Copyright@Shohaku Museum of Art. All RightsReserved.

上へ戻る