近畿文化会

近畿文化会は、「文化財愛護の心を養い、歴史的知識を高める」ことを目的に、近畿日本鉄道の文化事業として昭和24年に発足しました。
毎月、専門講師の執筆による文化冊子『近畿文化』を発行し、近畿地方を中心に、講師の解説を受けながら社寺・古墳・史跡などの文化財を訪ねる臨地講座の開催など、様々な活動を行っています。

沿革

昭和 6年(1931)

古文化研究団体「大和國史會」設立。
(この間、大軌・関急・近鉄の援助・協力を受けて会誌の発行、講座・講演会の開催等の活動を行う。)

昭和24年(1949)

大和國史會を母体に、近鉄の文化事業を包含して「近畿文化会」が発足。
文化冊子『近畿文化通信』創刊[第1号、10月1日発行]

昭和31年(1956)

『近畿文化通信』を『近畿文化』に改名
[第74号、2月1日発行]
(この間、大軌・関急・近鉄の援助・協力を受けて会誌の発行、講座・講演会の開催等の活動を行う。)

平成21年(2009)

近畿文化会発足60周年を迎える。文化冊子『近畿文化』が第720号[11月1日発行]を数える。

平成28年(2016)

近畿文化会が発行する文化冊子『近畿文化』が第800号[7月1日発行]を数える。

活動内容

  • ・専門講師の執筆による月刊の文化冊子『近畿文化』の発行。
  • ・近畿地方を中心に、史跡、古社寺などの文化財を訪ねる臨地講座(専門講師の解説による現地見学会)を開催。(毎月2回以上)
  • ・その他講演会、特別講座等の開催。(随時)

会員数

約1,700名(平成28年4月1日現在)

入会金

300円

年会費

普通会員2,200円 家族会員1,200円
※家族会員は普通会員と同居する高校生以上の方に限ります。
※年会費は入会月より1年間有効です。(随時入会できます)
※家族会員の有効期限は、普通会員の有効期限と同じとなります。

会員の特典

  • ・臨地講座(現地見学会)に参加できます。(参加費は別途)
    毎月の企画はこちらをご覧ください。
  • ・毎月、文化冊子『近畿文化』をお送りします。(普通会員のみ)
  • ・大和文華館、松伯美術館、あべのハルカス美術館、大阪府立弥生文化博物館、大阪府立近つ飛鳥博物館、国立文楽劇場、天理大学附属天理参考館の入場料が割引となります。

入会方法

郵便局備付の「払込取扱票」に住所、氏名(フリガナ)、電話番号、生年月を明記のうえ、次の口座まで入会金と年会費をお振込みください。

郵便振替 口座番号:00960-2-304143  加入者名:近畿文化会 

入金確認後、近畿文化会より「会員証」等をお送りします。
個人情報について (6KB)

(お問い合わせ)
〒543-0001
大阪市天王寺区上本町6丁目5番13号 上本町YUFURA 7階 近畿文化会事務局
Tel:06-6775-3686 Fax:06-6775-3669
受付時間 9時10分~18時(土、日、祝日は休み)

TOPに戻る