事業紹介

Business

運輸事業

近畿・東海の主要都市を結ぶ路線距離私鉄日本一の鉄道をはじめ、バス、タクシー、フェリーや国際物流など、交通から物流まで幅広く取り組む近鉄グループの運輸事業は、世界に広がるネットワークを形成しています。
鉄道分野では、阪神電気鉄道との相互直通運転や最新の列車情報を提供する近鉄アプリの配信、観光特急の導入など、お客様の更なる利便性と快適さを追求した取り組みを行っています。また、大阪地区の列車運行を管理し、運転士を支えるとともに正確なダイヤを実現する総合指令室の構築など、安全性の向上にも注力しています。

近畿・東海を結ぶ屈指の輸送力

近畿日本鉄道の営業路線は大阪・京都・奈良・三重・愛知の2府3県にまたがり、総営業キロ程は私鉄最長を誇ります。また、保有する客車数は約1,900両、一日の平均輸送人員は約158万人を誇り、スケールの大きさを物語ります。近畿・東海の主要都市や、古都奈良、伊勢志摩など日本有数の観光地を結び、多くのお客様の通勤、通学、観光を支えています。

新型名阪特急『ひのとり』
新型名阪特急『ひのとり』

2020年3月には、沿線の2大都市である大阪と名古屋間を運行する次世代の特急として、新型名阪特急『ひのとり』がデビュー。この『ひのとり』という名称は、先進的でスピード感ある車体フォルム、深い艶感のあるメタリックレッドといった外観デザインに加え、ゆったりとした空間や上質なサービスを提供する気品ある車両のイメージを、翼を大きく広げて飛翔する「ひのとり」に重ね合わせて命名されました。「くつろぎのアップグレード」をテーマに日本初の全席バックシェルを備え、座席の前後幅を広く確保するなど、車内の居住性を従来から大幅に向上させ、名阪間のビジネス、観光、お出かけなど多様な用途のお客様に快適な移動空間をご提供します。
近鉄ではこれからも、移動という何気ないシーンの中に、新たな付加価値を創造することを大切にし、様々な事業に取り組んでいきます。

観光特急

近鉄グループではこれまで、「上質な大人旅」をコンセプトとする『青の交響曲(シンフォニー)』をはじめ、展望車両を搭載した観光特急『しまかぜ』や初の全席一人掛けシートを導入した『アーバンライナー』など、列車の旅にいつもとは一味違った楽しさをご提供する数々の特急列車を導入してきました。非日常で上質な空間を演出する観光特急は多くのお客様から注目を集め、沿線地域の活性化にも貢献しています。今後も、近鉄グループは「乗ること自体が楽しい!」と思っていただけるような取り組みに注力し、お客様の暮らしに新たな発見や感動をお届けし続けます。

しまかぜ

自治体との取り組み

近鉄グループは自治体との様々な取り組みを通じて、地域活性化・魅力溢れる旅の実現を図っています。

足湯列車
足湯列車

三重県菰野町と菰野町観光協会との共同企画である「足湯列車」では、観光列車「つどい」の車内で足湯が体験できる空間を実現。足湯のお湯は、運行当日に菰野町職員の方が菰野温泉の源泉からくんできた温泉を使用しました。また、足湯の他にも菰野町観光協会による菰野町の地酒や菰野町観光協会公式キャラクター「こもしか」のグッズ等の車内販売を実施。癒しの時間を過ごしながら、温泉・自然・食など魅力あふれる湯の山温泉へお客様が足を運ぶきっかけとなりました。

「幸せを運ぶ、きんてつの吊り革」企画
「幸せを運ぶ、きんてつの吊り革」企画

「幸せを運ぶ、きんてつの吊り革」企画は、沿線の10社寺の協力を得て、4種類の特別な吊り革 (桜模様を施した五角形の合格祈願吊り革99本、ハート型の恋愛成就吊り革3本、ゴールドの輪の金運招福吊り革1本、クローバー型の開運招福吊り革4本)を設置した列車を期間限定で運行。また、10社寺の最寄り駅では、「台紙付記念入場券」と特別な吊り革を模して成就を祈願した「後押しダルマ キーホルダー」を数量限定発売。
お客様には全線で約16万本ある吊り革の中から、願いにかなった特別な吊り革を探し出し、移動時間を楽しんでいただくとともに、ご協力いただいている社寺へ参拝していただくきっかけとなりました。

インバウンド旅客の皆さまへの取り組み

近鉄グループでは、インバウンド旅客の皆さまを誘致し、より快適に旅の時間を楽しんでいただくためのサービスを展開しています。

第15回日本鉄道賞「安心インバウンド対応」特別賞を受賞
第15回日本鉄道賞「安心インバウンド対応」特別賞を受賞

受賞したのは、増加する訪日外国人のお客様への案内サービスの向上と、車内放送の品質向上を目指して開発・導入された、「携帯型放送装置」による車内放送の多言語対応システムです。車両工事が最小限で済むため低コスト・短時間で導入できる点なども評価されました。

駅コンシェルジュサービス
駅コンシェルジュサービス

近畿日本鉄道では、大阪難波駅・近鉄奈良駅・京都駅・大阪阿部野橋駅等に「駅コンシェルジュ」として、外国語(主に中国語)が話せるスタッフを2015年2月より配置し、近鉄電車のご利用案内や特急券・お得なきっぷの購入補助、周辺観光案内を行っています。
また、外国語対応を強化するため、電話による通訳や一部の駅で、ポケトークやタブレットを使用した翻訳サービスを使用しています。

AIを活用した鉄道旅客案内サービス
AIを活用した鉄道旅客案内サービス

近畿日本鉄道では、スマートデバイスを活用した、年齢や言語に依存しない鉄道旅客案内『シームレス案内』の研究を進めています。
具体的には、ホームや列車の行先表示器をスマートフォンで撮影すると、その列車がお客様の目的地に合った列車かどうかをAIが判定し、ご案内するサービスの実現に向けて取り組んでいます。

総合指令構築プロジェクト

2017年3月、従来分散していた列車運行管理、車両運用、電力管理、夜間作業管理等に関する大阪地区の各指令所をワンフロアに集約した『大阪総合指令室』の運用を開始しました。これにより、大阪地区の各線区の状況を一目で見ることができるようになりました。また、災害時等に設置する対策本部と同フロアに配置することで、危機管理対応能力の向上も図っています。
さらに天王寺運転指令を大阪総合指令室内に移転・集約し、指令間の連携強化による保安度およびお客様のサービス向上を図る計画を進めています。

近鉄アプリ

列車の運行を知らせる「近鉄アプリ」は2016年12月のリリースから運行情報のプッシュ通知や列車の走行位置、特急設備検索機能・特急列車運行状況通知などのサービスを順次追加し、30万件を超えるダウンロードをしていただいております。今後も鉄道をご利用されるお客様に利便性の向上を図るサービスを提供する予定です。

近鉄アプリ

安全への取り組み

列車運行においては、ATS(自動列車停止装置)や、列車運行管理システムを全線(一部路線を除く)に完備しています。また、GPSを利用した運転士支援システムを導入しているほか、防災対策として緊急地震速報システムなども導入しています。

踏切道においては踏切障害物検知装置や押しボタン式踏切支障報知装置を設置、駅のホームには非常通報装置を、車両連結部には転落防止用幌の設置を進め、運転保安度の向上ならびに安全性の向上に取り組んでいます。

また、駅でのサービス向上の一環として、サービス介助士の資格取得を進めており、お年寄りやお身体の不自由なお客様に対し、サービス介助に関する知識と技術をもって対応しています。

その他の取組み
page top