事業紹介

Business

観光・レジャー事業

近鉄グループでは、「志摩スペイン村」や「生駒山上遊園地」、「海遊館」、「NIFREL(ニフレル)」など、様々なレジャー施設を運営し、人々に日常とは一味違った喜びと感動、楽しさを届ける“今までにないエンターテイメント”を追求しています。 また、地元行政や関係団体と連携して、「志摩ロードパーティ ハーフマラソン」を開催するなど、風光明媚な伊勢志摩の自然とスポーツを融合したイベントを企画し、地域活性に貢献しています。

レジャー施設

海遊館
海遊館

生態のありのままの姿を見せる水族館「海遊館」(株式会社海遊館)は、2015年夏に近鉄グループの一員となりました。1990年に開館して以来、国内外の皆様から愛されている海遊館には、年間約280万人のお客様にご来場いただいています。近年では、あべのハルカスや伊勢志摩リゾートとのコラボレーション企画など、近鉄グループのシナジーを活かした新たな企画や事業も進行中。海遊館はこれからも、開業以来培ってきた独自の視点に近鉄グループのノウハウを融合させ、人々に癒しや躍動感あふれる空間とサービスをご提供していきます。

ニフレル
ニフレル

EXPOCITY内で人々に笑顔を届けている「NIFREL(ニフレル)」は、“感性にふれる”をテーマにした新しいミュージアム。ニフレルは海遊館が初めてプロデュースした施設で、水族館・動物園・美術館のジャンルを超えて、まるでアートを楽しむように、生きものや自然の魅力を直感的に楽しめる“生きているミュージアム”として人気を博しています。生きものの個性や不思議な魅力を独自の視線で表現し、ご来場くださるお客様に新たな気付きとエンターテイメントをお届けしています。

生駒山上遊園地
生駒山上遊園地

※遊具の入れ替えにより、現況と異なる場合がございます。

奈良県で唯一の遊園地で、開園から90年以上の歴史をもつ老舗遊園地です。入園無料で沿線の親子のお出かけスポットとしても人気が高く、新たなアトラクションを導入するとともに、花火ショー、キャラクターショーを開催するなど、子供たちに大人気の遊園地として親しまれています。
2019年5月には遊園地からの壮大な夜景が「COOL JAPAN AWARD 2019」を受賞しました。また、2019年7月には「心地よい山のあそび場」をコンセプトとした大規模の屋外あそび場「PLAY PEAK ITADAKI」がオープン。自然と絶景が広がる空間でお客様に心地よい時間をご提供しています。

志摩スペイン村
志摩スペイン村

2019年4月に開業25周年を迎えた「志摩スペイン村」には、新しいアトラクション、エンターテイメント、ライブスペクタクルが2020年春から続々と登場いたします。太陽が降り注ぐ伊勢志摩の自然の中、心弾む、心躍るアトラクションやエンターテイメント、写真映えする景観、ホテル、温泉に、この春から登場する新しい感動体験を加えて「パッション(情熱)」、「スマイル(笑顔)」で出会った瞬間、ふれあった瞬間、「アミーゴ(親友)」になれる志摩スペイン村ならではの体験価値をお届けしてまいります。

イベント・キャンペーン

近鉄エリアキャンペーン
近鉄エリアキャンペーン

毎年、近畿日本鉄道では、『近鉄エリアキャンペーン』と題して沿線の自治体と連携し、特定地域を集中的にPRする観光プロモーションを実施し、沿線地域の活性化を図っています。
第7回目となる2019年には、百舌鳥・古市古墳群が世界文化遺産に登録決定されたことを記念して、羽曳野市・藤井寺市と連携して、近鉄エリアキャンペーン「こふんまち 羽曳野・藤井寺」を実施。「こふん列車」の運行や記念ハイキング・記念ツアーの実施、記念入場券の発売など、数々の企画を通じて、古墳、神社仏閣、特産品、グルメなど古市古墳群エリアの魅力を発信しました。(2019年7月9日から11月30日まで)

志摩ロードパーティ ハーフマラソン
志摩ロードパーティ ハーフマラソン

志摩スペイン村をメイン会場とするこの大会は、2004年の志摩市の誕生をきっかけに始まりました。市民や地元行政、関係団体と連携し、志摩地域の魅力発信、活性化に貢献しており、全国各地からランナーが参加する三重県下最大級の大会となっています。

page top