制度・環境

Environment

教育研修

近鉄グループでは社員一人ひとりの能力の向上を目的に、グループ各社が連携して取り組む合同研修や実務に即した事業会社ごとの研修制度を取り入れています。近鉄グループホールディングスにおいても、総合力・人間力・実務力などに重点をおいた数々の研修を計画的に実施し、社員の成長をあと押ししています。

新入社員研修

近鉄グループホールディングスでは、長期に及ぶ新入社員研修をご用意しています。同期の仲間やグループ会社の社員との交流を通じて、社会人として、そして、近鉄グループホールディングスの社員として欠かせない基礎力を身に付けてください。この研修を通して、失敗を恐れず、自ら考え、自ら行動することを何度も実践し、自立した社会人へと成長していただきたいと考えています。

新入社員研修
近鉄グループ合同合宿研修

近鉄グループの新入社員が一同に集まり、リーダーシップ・チームワーク・コミュニケーションなどについて学びます。寝食を共にする合宿研修を通して、会社の垣根を越えた仲間と切磋琢磨し、たくさんの刺激を受けることができる研修です。

近鉄グループ合同合宿研修
現場実習

志摩スペイン村や駅などの現場で実習し、お客様にサービスを提供する喜びややりがい、難しさを学びます。机上の研修では得ることのできないものに出会う体感型研修です。

現場実習
プロジェクト運営研修

研修で学んできたことを活かして内定者向けの企画を一から作成し、運営にも取り組みます。計画・実践・改善という、どんな仕事にも共通して必要なサイクルを体験し、社会人基礎力の定着を図ります。 また、同じ目的に対して同期が一つのチームとなって取り組むことで、強い絆が生まれます。

プロジェクト運営研修

入社後の配属先

近鉄グループホールディングス総合職のキャリアはグループ会社へ出向し、現業部門を経験することからスタートします。日々の業務を通じて各事業のプロフェッショナルへ成長し、その後はグループ各社の経営管理を担う人材として、マネジメントや経営などに関するスキルを身に付けていきましょう。そして、ゆくゆくは各事業会社での多様な経験を活かしてグループ経営を担う人材を目指します。 そのため、入社後の配属先は、近畿日本鉄道や近鉄不動産、近鉄リテーリング、近鉄・都ホテルズ、近鉄百貨店、近鉄バス、海遊館、近鉄情報システムなど様々。一人ひとりの適性や事業会社からの人員要請、グループの方針などによって判断し、適材適所の配属を行っています。

※出向先の事業会社内での部署異動や事業会社間の異動もあります。
※2年に1回、自身の現況、職務内容や職場環境、将来のキャリアプランなどを踏まえた希望を、上司を介さず直接人事に申告できる『自己申告制度』を導入しています。

キャリアステップフロー

研修制度

近鉄グループホールディングスでは、将来の経営幹部育成を念頭に、総合力・人間力・実務力に重点を置き、新入社員から部長クラスまで、階層別研修を実施しているほか、グループ会社との合同研修、他社との異業種交流研修や自衛隊生活体験研修等を行っています。 また、通信教育講座や管理職昇格前の中堅リーダークラスを対象にした講座を受講する機会を設置するなど、一人ひとりの課題に合わせて選択可能な外部研修もご用意しています。

研修体系図
page top