展覧会

HOME > 展覧会 > 山水 - 理想郷への旅 -

山水 - 理想郷への旅 -

2016年2月26日(金)~4月10日(日)
月曜日休館(ただし、3月21日〈振休〉は開館し、翌22日〈火〉が休館)
入館料 大人620円 高校・大学生410円 小学・中学生 無料

澗泉松声図 浦上玉堂筆
澗泉松声図 浦上玉堂筆

人々は自然を描き、その中に遊んで精神をくつろがせることを楽しんできました。絵画の中の理想的な山水風景は時代と共に変化し、架空の楽園から実在の名勝まで、さまざまな主題が制作されました。山水図における鑑賞対象は、それぞれの画家が工夫を凝らして再現した平面上の三次元空間から、それを形作る多種多様な筆墨まで、多岐にわたっています。

高士観瀑図 山本梅逸筆
高士観瀑図 山本梅逸筆

本展覧会では、日本、中国・朝鮮、版画の三章に分けて、山水図の魅力を紹介します。まずは、中国南宋時代の宮廷絵画に憧れた日本の室町時代の山水画家、強固な伝統継承意識を持つ狩野派、より自由に筆墨をふるい清新な画面効果を追求した江戸時代の円山派や南画家たちの作品を通じて、日本の山水図の流れを概観します。続いて、乾いた筆や水気を多く含んだ筆を自在に操り、高度に洗練された筆墨法を披露した、中国の明・清時代の山水画家たちの作品を展示します。最後に、彫刻刀と刷りによる、肉筆とは異なった硬質な美しさを持つ山水版画の世界を紹介します。

大和文華館をとりまく庭園、文華苑の自然がひときわ美しい時期に、東洋の山水図の美しさをあわせてご堪能ください。

出陳品 62件
【日本絵画】
重要文化財 山水図屏風 伝周文筆 日本・室町時代
重要美術品 奔湍図 伝狩野元信筆 日本・室町時代

金地山水図屏風 渡辺始興筆 日本・江戸時代

東山三絶図 円山応挙筆 日本・江戸時代

澗泉松声図 浦上玉堂筆 日本・江戸時代

高士観瀑図 山本梅逸筆 日本・江戸時代
【中国・朝鮮絵画】

山水図 程𨗉筆 中国・清時代

賞楓図 張風筆 中国・清時代

山水図冊 方士庶筆 中国・清時代

聴松図巻 王翬・楊晋筆 中国・清時代
【版画】

山水図屏風縮図 池大雅原図 日本・江戸時代

太平山水図集 中国・清時代

台湾征討図巻 中国・清時代

茉莉花歌図 蘇州版画 中国・清時代
会期中のイベント
特別講演 3月20日(日)
14:00から講堂にて
「江戸時代の山水画に見る材質効果と筆墨表現」

東京文化財研究所研究員

安永拓世氏

講座 美術の窓 3月13日(日)
14:00から講堂にて
「浮世絵版画の袋」 当館館長 浅野秀剛
日曜美術講座 3月27日(日)
14:00から講堂にて
「太平山水図について
- 明・清時代における名勝山水版画 - 」
当館学芸員 植松瑞希
列品解説 毎週土曜日14:00から展示場にて (当館学芸部による)
※何れも参加は無料ですが、入館料が必要です。