展覧会

HOME > 展覧会 > 特別企画展 花と鳥の楽園―花鳥を表した絵画と工芸―

特別企画展 花と鳥の楽園―花鳥を表した絵画と工芸―

2015年11月20日(金)~12月25日(金)
月曜日休館(ただし、11月23日〈祝〉は開館し、翌24日〈火〉が休館)
入館料:一般620円、高校・大学生410円、小学・中学生無料

花鳥図 山口宗季筆
花鳥図 山口宗季筆

東洋では、花と鳥は神秘的なもの・おめでたいものの象徴として、また自然の美しさの代表的存在として愛され、工芸や絵画に多く表されてきました。

天と地を行き来する鳥は信仰の対象となり、中国では古くから玉器や青銅器などに鳥の姿が表されました。季節が巡るごとに咲く花もまた尊ばれ、様々な器物を飾りました。それぞれ愛されてきた花と鳥が結び付き、花鳥文として隆盛したのが唐時代です。西域の文化の影響を受けつつ、瑞鳥と唐草文を組み合わせた壮麗な花鳥文が工芸品を豊かに彩り、その文様は朝鮮半島や日本にも多く取り入れられました。また、花鳥画の隆盛とも関わり、地上や水上に咲く自然の花に鳥たちが集う絵画的な文様も増加し、多彩に展開していきます。

五彩花鳥文大鉢
五彩花鳥文大鉢

絵画の世界でも唐の頃に「花鳥」という画題が成立し、五代から宋時代にかけて大きく発展しました。花鳥画の範囲は広く、花、鳥のほか、樹木や草、虫、魚、小型の獣の組合せや単独のものも含みます。墨と彩色、写実と写意など、様々な技法・様式と関わりながら、時代や地域の好みを反映した花鳥画が描かれてきました。日本の花鳥画は、主に中国の影響を多く受けながらも、特色をもって展開します。特に、海外からの情報が多く入るようになった江戸時代半ば以降は、新しい情報に刺激を受けつつ、独自の美意識をはたらかせ、多様で魅力的な花鳥画が生み出されました。

時代や国、ジャンルを超えて豊かに展開した花鳥の美麗な世界をご覧いただきます。

出陳品 約60件
重要美術品 銅製貼銀鎏金双鳳凰狻文八稜鏡
中国・唐時代

鳳凰唐草文軒平瓦断片
朝鮮・統一新羅時代

銅製松山吹蝶鳥文鏡
日本・平安時代後期

螺鈿水禽文角盆
中国・明時代
五彩花鳥文大鉢
中国・清時代
重要文化財 蜀葵遊猫図 伝毛益筆 中国・南宋時代

墨蘭図 鄭燮筆 中国・清時代
重要文化財 花鳥図屏風 雪村周継筆 日本・室町時代

花鳥図
中国・明時代
特別出陳品 風牡丹図 鄭培筆 中国・清時代 神戸市立博物館蔵

雪汀双鴨図 円山応挙筆 日本・江戸時代
特別出陳品 孔雀図 呉春筆 日本・江戸時代 洛東遺芳館蔵
特別出陳品 雪芦鴛鴦図 松村景文筆 日本・江戸時代 洛東遺芳館蔵
特別出陳品 四季花鳥図巻 長山孔寅筆 日本・江戸時代 泉屋博古館蔵
特別出陳品 蔬果蟲魚帖 浦上春琴筆 日本・江戸時代 泉屋博古館蔵
会期中のイベント
特別講演 12月6日(日)
14:00から講堂にて
「花に詩い鳥と語る」 松伯美術館館長 上村淳之氏
講座 美術の窓 12月20日(日)
14:00から講堂にて
「鳥居清長の大判続き絵の異版の解釈」 当館館長 浅野秀剛
日曜美術講座 11月29日(日)
14:00から講堂にて
「花鳥画の洗練―四条派の作品に注目して―」 当館学芸員 宮崎もも
列品解説 毎週土曜日14:00から展示場にて (当館学芸部による)
※何れも参加は無料ですが、入館料が必要です。